文中の用法から品詞分類をする

通信講座にご興味がある方、LA近郊、TorranceにあるTOYOへの通塾にご興味がある方は、こちらから体験受講をお申し込み下さい。
こんにちはTOYOの松村です。
先回のブログでは、接続詞のandの用法について言及しました。

これについては、もう少し詳細を書いておく必要があります。

現地校でのエッセイのクラスでは、いろいろな注意事項を習います。

その一つが、文章をandで始めてはいけないというものです。

これは、andが接続詞というよりも、副詞のように用いられる場合のことですが、
往々にして接続詞と副詞の違いがわからないと、誤った文になってしまうことを
警戒しているのです。
もう一つ現地校の英語クラスで注意されるのは、文章が正しく接続されていない
センテンスフラグメントです。

この際に重要なのが接続詞の正しい使い方です。

日本ではほとんど注意されないandのような接続詞が、実はとても大切なのです。

日本で英語を学ぶのは、基本的には受験のためです。中学や高校で学習する英語は
実用を志向するものではありません。

そのため、受験英語は受験問題で出題される英語に正しく答えられるかに特化しています。
日本の受験問題は合格不合格を厳密に分類するためのものです。

もし、全員が満点を取ると受験問題としての機能を果たしません。

そこで、いわゆる難問というものを出題し、少数の人しか答えられないような
問題を作成します。

英語問題の場合は、一般的な用法ではなく、例外的な用法を含むものを多用します。

つまり、このような問題はほとんどの人が知らない用法ですから、
実際の英語使用という面では、まったく役に立たない用法となります。
海外で日常生活をする上で大切なのは、実用に直結する英語力を強化することです。

これを短時間で可能にするのがTOEFLやSATの学習です。

特にSATは公式な英語の用法を優先的に学習しますので、実際に
使用される英語がどのようなものかを判断できるようになります。

正しい用法が身についていれば、その変形や俗語的表現に敏感に
気づくことができるようになります。
これは、スポーツで言えば、正しいフォームを身につけるというのと同様です。

体に一本の筋が通れば、それを基本にして、そこからいろいろな応用技に
発展させることが可能になります。

帰国受験ではTOEFLやSATの点数が上位校の合否に影響します。

つまり、なんとかして点数を上げたいというプレッシャーを
自分の能力開発のために利用するのです。
現在のSATは、高度な英語読解能力が必要となっています。

この読解問題に対応するために必要なのが、単語や文法力です。

もちろん、それは実用という目的を見据えたものですから、
受験英語の文法ではありません。

一般受験では品詞分類はそれほど重要ではありません。

しかし、TOEFLやSATに対応するには、接続詞なのか副詞なのかが
文中の用法で見極められないと、致命傷になってしまうのです。
一見つまらないandの用法やセンテンスフラグメントの知識などは、
高度な実用的な英語力を構築するための基本です。

短期間で効率よく高度な英語力を蓄積させるには、TOEFLやSATを中心にした
基礎力アップクラスで学ぶことが必要です。

そして、それを可能にしているのがTOYOオンラインのライブ授業です。
帰国子女の目指す英語力は、日本の一般受験の英語力ではなく、
実際の世界で活用できる実用的、かつ、専門的な英語力です。

TOYOオンラインのライブ授業では、毎週、単語、読解、構造、文法といった
英語の基礎力を構築する授業を実施しています。

TOEFLやSATの得点を高めるには、日々の蓄積と改善が欠かせません
TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる
文法力がなければ正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は、こちらからお申込みください。
<ONLINE受講者へのお知らせ>
アメリカでは3月11日にもSATが受験可能です。締め切りは2月10日です。

アメリカ以外では次のSATは5月6日までありません。

締め切りは4月7日です。来年の受験生は、とりあえず
これからの毎回の分を予約しておきましょう。

特に日本ではSATの予約を取るのが難しくなっています。

今から来年の春の予約を入れておくことをお勧めします。
1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOの通信授業は、
世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です