A,B, and C形

 

一般受験と違って、帰国受験は当日試験だけでは合否は決まりません。

もちろん、その理由は、世界中から集まる帰国受験生は、共通の教育を受けていないからです。

当日試験、面接、にくわえて重要なのが英語力を示す統一テストの点数です。

 

多くの場合、帰国受験ではTOEFLとSATという試験結果を出願に使用します。

この理由は、TOEFLやSATが世界中で受験できるからです。

日本の実業界ではTOEFLの姉妹テストであるTOEICの受験を要求している会社も多くあります。

このようにTOEFLテストは、日本人にも比較的なじみがある名前ですが、SATというのは、あまりよく知られていません。

 

よくわからないものは、とっつきにくい、といのは当然な反応です。

それもあって、まず、TOEFLから学習を開始するという人が多いのです。

そして、TOEFLは英語テストですから、日本の英文法を基本にした英語学習を開始します。

実はこれが誤りで、TOEFLができるようになってからSAT学習を開始していては、確実に時間が不足します。

つまり、高校卒業までに充分なSATの得点が挙げられないという事態に陥ります。

 

ですから、正しい統一テスト対策は、TOEFL、SATの両方を並行して学習していくことです。

また、日本の一般受験に対応している英文法を中心とする英語では、正しい対策が可能になりません。

それは、日本の一般受験の英語で重要とされる部分は、多くの人が知らないような特殊な例外的な英語使用の例です。

実用的な英語の試験であるTOEFLやSATとは、あきらかに方向性が異なるのです。

 

SATの文法事項で、一番良く出題されるのは、接続詞のANDの用法です。

ANDは日本の英語では、最初に英語を習うとき、現時点では中学1年生の1学期に習います。

このため、ANDというのは簡単であるから、真剣な学習は不必要というのが受験英語の見方です。

ところが、このつまらない単語の用法が、高度な英語力の試験であるSATで、最重要視されているのです。

 

ANDやBUT、ORなどを使用する際は、並列ということに留意しなくてはなりません。

これは、同じ意味、語形、品詞などの共通点のある文や語句を並べることで、多くの場合は、A、B、and Cなどのような形をとります。

このA、B、Cの部分には並列となる共通点のある文や語句が入ります。

この場合、A、and B、and Cとはならず、andは最後のCの前に一つだけを使用します。

 

このように、実用的な英語の知識は比較的単純です。

しかし、逆に単純だからこそ、その用法には変化が多く、いろんな用法に精通することが求められます。

つまり、同様な文法事項で多くの問題にあたり、その用法を習得することが重要です。

ANDなどは並列をしなくてはならないことを知っていても、実際にそれが並列となっているかどうかの判断は、なかなか難しいのです。

 

帰国子女の目指す英語力は、日本の一般受験の英語力ではなく、実際の世界で活用できる実用的、かつ、専門的な英語力です。

TOYOオンラインのライブ授業では、毎週、単語、読解、構造、文法といった英語の基礎力を構築する授業を実施しています。

TOEFLやSATの得点を高めるには、日々の蓄積と改善が欠かせません。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、適切な教材選択と指導で、

徐々に受講生の読解力を向上させていくことが出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、ご希望の方はこちらからお申込みください。

 

<ONLINE受講者へのお知らせ>

アメリカでは3月11日にもSATが受験可能です。締め切りは2月10日です。

アメリカ以外では次のSATは5月6日までありません。締め切りは4月7日です。

来年の受験生は、とりあえずこれからの毎回の分を予約しておきましょう。

特に日本ではSATの予約を取るのが難しくなっています。

今から来年の春の予約を入れておくことをお勧めします。

 

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOの通信授業は、世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です