SATでも仮定法が出る

一般受験の英語参考書でも仮定法は重要視されています。

沢山の例が載っており、受験生はその例文を覚えるような学習をしています。

実は、SATでも仮定法は頻出します。

 

本当のことを言うと、この仮定法というのは、あまり恐れることはありません。

その理由は、その歴史的な成立を知ると、あまりにも単純だからです。

仮定法は古い英語の残りかすといった感じです。

 

現代使用されている英語は、日本の江戸時代初期の頃に起源を持っています。

それ以前の英語は、単一言語ではなく、いろんな言葉のごちゃまぜです。

近世までのイギリスでは、その支配者が単一ではなく、いろいろな言語が使用されてきました。

 

古くはローマ人がイギリスを支配して、その当時の支配者の言語はイタリア語です。

後にはフランス人やバイキングが支配者でもあり、その言語は英語ではありません。

ちなみに死語であるラテン語が重視されたのは、支配者の如何に関わらず、
歴史などが時代を越えて記述できるという側面です。

 

そんなバラバラな言語を整理したのが、現代の英語です。

国民性もあり、簡単に使用できる言語として、その使用規則が整理されました。

それが、現代の英文法の基本となっています。

 

その際に、古い慣用的な英語用法を整理し、古い英語が捨てられました。

そんな中で生き残ったのが仮定法です。

仮定法は現代文法の外側にある、一種不規則な表現法です。

 

そんな不規則な語法にも、規則的な面もあります。

まず、仮定法の規則性や標準的な形を理解しましょう。

要点を押さえることができれば、仮定法を理解することが簡単になります。

もちろん、そんな文法を学ぶことができるのが、TOYOオンラインのライブ授業です。

 

TOYOオンラインのライブ授業では、受講者の完全理解を目標にしています。

もちろん、単語レベルや文法の詳細、読解の要点などは克明に説明します。

そして、それを蓄積することで、受講者の英語力や数学力を最強にしていきます。

 

TOYOオンラインの夏期講座では、いままで対策をしてきた人、そうでない人も含め、
重要な基本力の徹底をします。

その上で、実際の問題を解くための実戦的な対策を積み上げます。

普段、現地校の勉強などで集中して対策ができないことが多いので、比較的時間の余裕がある、
この夏休みが勝負です。

 

TOYOオンラインのライブ授業では、毎週の授業を通じて、あなたの学力を改善する講座を提供しています。

30年の経験を活かし、どのような人の力も伸ばすノウハウを蓄積しています。

半信半疑の人も、通常の授業に無料で体験参加をすることができますので、
是非、ホームページからお申込みください。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラス
などを利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方はこちらからお申込みください。

 

<ONLINE受講者へのお知らせ>

次に申し込めるSATは8月27日開催のものです。

予約の申し込み期限は7月29日です。

11年で秋に12年生になる人はもちろん、現在10年、9年生の人も受けるようにしましょう。

 

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOオンラインの通信授業は、
世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。