タイトルは最初か最後の文

TOEFLやSATの読解問題で、その文のタイトルを決めるという設問があります。

TOEFLとSATでは、少しその着眼点が異なります。

それはTOEFLの文章は、説明文が多いからです。

 

説明文というのは、たとえば電気器具を購入したときについてくる取り扱い説明書のようなものです。

これは最初から最後まで、一貫してその製品の説明に終始します。

ですから、どこを読んでも、それがその製品のことであることは至極当然です。

 

TOEFLの文章のタイトルは、それが説明文であることを理解すれば、
全文に一貫する事項を見つければ良いことになります。

しかし、一方でSATの文章は、説明文というよりは、論理的な文になります。

この場合は、反論文なども含むので、どこを読み取っても良いという訳ではありません。

 

まず、SATの文章では最初の部分である序と、最後の部分である結論に注目してください。

序と結論が一致していない場合は、それは反論文です。

反論文は一般的に信じられている内容を論破する文ですから、結論が重要になります。

そこでSATの文章のタイトルを決める場合に重要なのは、最初か最後の文ということになります。

 

そこで、TOYOオンラインのライブ授業では、タイトルは最初の文か最後の文という言い方をしています。

では序と結論の中間にある部分はどのような役割なのでしょうか。

それはほとんどの場合、序の真意をより分かり易くする説明や例になっています。

反論文の場合は、そこで文の流れを転換する重要な部分が含まれます。

 

SATの読解問題で成功するには、このような全体的な文章構造を理解する必要があります。

文章によって、その提示法は多彩ですから、より多くの文に当たるような練習が必要です。

もちろん、そのような練習ができるのが、TOYOオンラインの夏期講座です。

 

今月末から始まるTOYOオンラインの夏期講座では、いままで対策をしてきた人、
そうでない人も含め、重要な基本力の徹底をします。

その上で、実際の問題を解くための実戦的な対策を積み上げます。

普段、現地校の勉強などで集中して対策ができないことが多いので、
比較的時間の余裕がある、この夏休みが勝負です。

 

TOYOオンラインのライブ授業では、毎週の授業を通じて、あなたの学力を改善する講座を提供しています。

30年の経験を活かし、どのような人の力も伸ばすノウハウを蓄積しています。

半信半疑の人も、通常の授業に無料で体験参加をすることができますので、
是非、ホームページからお申込みください。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラス
などを利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方はこちらからお申込みください。

 

<ONLINE受講者へのお知らせ>

次に申し込めるSATは8月27日開催のものです。

予約の申し込み期限は7月29日です。

11年で秋に12年生になる人はもちろん、現在10年、9年生の人も受けるようにしましょう。

 

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOオンラインの通信授業は、
世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。