SAT文中には注目点がある

SATとTOEFLの読解文の違いを理解していますか。

以前、SATはスカラステック・アプティチュード・テストの略称でした。

アプティチュード(Aptitude)は適性とか能力の意味です。

つまり、TOEFLが基礎的な英語力のテストに対し、SATは、より広い分野での学力の評価テストです。

 

このSATが評価する学力の中で、重要な位置を占めているのが、論理的な思考力です。

もちろん、SATに数学テストが含まれているのは、この論理力を評価するためです。

しかし、数学だけでなくSATの英語部分のテストでも、この論理力が試されます。

 

この典型が、長文読解テストの中に含まれる、選択肢の因果関係に関する設問です。

SATには5つの長文読解問題があります。

各長文問題には10ないし11問の設問があり、そのうちの2セット、4問が、この因果関係に関する問題です。

つまり、全52問中、なんと約40%がこのタイプの問題です。

 

この因果関係タイプの問題の重要性は、2問が密接に関連している、一種の二人三脚になっていることです。

最初の設問を間違えば、当然、それに続く問題でも誤った選択肢を選んでしまいます。

逆に、最初の問題に正解することが出来れば、続く問題でも正解が取れる可能性が高まります。

 

このタイプの問題を無難にこなすには、文の構造を考え、その要点を把握することが大切です。

そして、その中心が読解文の全体を、序本結の3部分に分割して考える技術です。

もちろん、このような読解法は、TOYOオンラインのライブ授業で、毎回練習しています。

 

SATの読解問題で試される論理性とは、数学問題同様、原因と結果の問題です。

例えば、1+2=3は、数学では当然の結果です。

ある時は1+2は3だが、ある時は4になるなどと言うことはありません。

 

読解文中の重要点が提示される部分の文意が明確な場合、それに対する解釈が
人により異なるということはありません。

つまり、この因果関係に対する設問では、文中の中心である部分を把握することが必要です。

それは、文のテーマ、著者の意見、そして、文中にある論の流れが転換するような重要点です。

 

このような文中の重要点を分析するためにも、全体を序本結の3種類に
分割する読み方をお勧めします。

具体的な読解法は、TOYOオンラインのライブ授業でマスターできますので、
是非、毎週末の授業に参加してみてください。

この読解法をマスターするのは、難しいことではありませんが、いろいろな問題に
当たることが必要ですから、それなりの期間が必要になります。

 

英語テストで高得点が必要な人に、着実に知識を提供しているのが、
TOYOオンラインのライブ授業です。

単語、文法力、読解の基本技術を毎週の授業で蓄積していくことが可能です。

もちろん、1回や2回の授業体験では可能ではありませんが、長い目で見て自分の力を
増強していくための最も効果的な勉強です。

 

高度な英語力、読解力をつけるには、単語、文法、基本読解技術の向上の
3点セットで行うことが必要です。

もちろん、それを提供しているのがTOYOオンラインのライブ授業です。

個人差もありますが、高度な英語力を構築するには、1年2年というような対策期間が必要ですから、
それを計算にいれて、できるだけ早い機会に対策を開始してください。

 

正しい知識と、それに対応するための学習を提供しているのが、TOYOオンラインのライブ授業です。

4月19日から、恒例のSAT直前対策講座を開講します。

受験直前の受験生だけでなく、将来受験を予定している人は、是非、TOYOオンラインの
本物の対策授業にご参加ください。

 

TOYOオンラインのライブ授業では、毎週の授業を通じて、あなたの学力を改善する講座を提供しています。

30年の経験を活かし、どのような人の力も伸ばすノウハウを蓄積しています。

半信半疑の人も、通常の授業に無料で体験参加をすることができますので、是非、ホームページからお申込みください。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラス
などを利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方はこちらからお申込みください。

 

<ONLINE受講者へのお知らせ>

 

次に申し込めるSATは5月7日開催のものです。

LATE予約の申し込み期限は4月26日です。

今期からSATサブジェクトテストやエッセイテストは無くなっています。ですから、
安心して通常のSATに専念してください。

また、TOEFLを受けることも忘れないでくださいね。

 

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOオンラインの通信授業は、
世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。