著者の意図を見逃すな

SATの読解や文法問題中によく出るものに、倒置文があります。

倒置というのは順が変わっているという意味で、文章の正しい語順に
変化が加わった変形文です。

これは、強調構文の一つですから、とても重要な部分です。

 

強調構文というのは、その文の著者が何かを強調したいときに使用する文章の形です。

ですから、他の部分よりも読者に強く理解してほしいという願いが
こもっている部分でもあります。

でも、そんな所の本音を理解せず、読み飛ばしてしまっては、せっかくの
著者の意図を見逃してしまいますよね。

 

SATの読解問題や文法問題文には、倒置文が頻出します。

そして、特に読解問題では、必ずその部分についての設問があります。

このような部分を見逃さず、敏感に読み取れば、それだけでも得点力はアップするのです。

 

TOYOオンラインのライブ授業では、このような英語力の増強に直結する点を
最優先で学習することができます。

ほんのわずかな知識と問題処理時のあなたの習慣を改善するだけで、
今までとは格段の力がつきます。

そして、それが以後の受験や就職で、あなたの武器となるのです。

 

そして、強力にそのようなお手伝いをしているのが、TOYOオンラインのライブ授業です。

高度な単語力、高度な文法力をつけ、高度な読解力を実現するのが、
TOYOオンラインのライブ授業です。

それは1週間とか2週間などの短期間では、実現しません。

そのことを考え、長期的な見通しを立てて、着実な実力醸成を心掛けてください。

 

TOYOオンラインのライブ授業では、毎週の授業を通じて、あなたの学力を改善する講座を提供しています。

30年の経験を活かし、どのような人の力も伸ばすノウハウを蓄積しています。

半信半疑の人も、通常の授業に無料で体験参加をすることができますので、是非、ホームページからお申込みください。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラス
などを利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方はこちらからお申込みください。

 

<ONLINE受講者へのお知らせ>

 

次に申し込めるSATは5月7日開催のものです。予約の申し込み期限は4月8日です。

今期からSATサブジェクトテストやエッセイテストは無くなっています。ですから、
安心して通常のSATに専念してください。

また、TOEFLを受けることも忘れないでくださいね。

 

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOオンラインの通信授業は、
世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。