SATでは記号も問われる

日本の一般受験の英語問題では、あまり取り上げられないが、
SATでは大切なものがあります。

それはコンマやピリオドのような句読点に関連する問題です。

公式な英語使用では、句読点や記号に関する正しい認識が重要なのです。

 

日本語は情緒的な表現を大切にする言語ですから、杓子定規な言葉の使用を嫌います。

ですから、句読点も感覚的な判断を優先し、どこで句読点を打たなければならない
というような規則はありません。

万葉集の和歌を見ても、点や丸はなくどこで句切るかは読み手に任されます。

 

現代日本語での点は英語のコンマと同じと感じる人が多いと思います。

ただ、日本語の点は、厳密な用法ではなく感覚で打つことがほとんどです。

しかし、英語のコンマは、文のつながりをそこで切ることを明示する役割を持っています。

 

私はリンゴが好きです、というのを、私は、リンゴが好きです、区切っても問題ありません。

しかし、英語だとI like an appleをI ,like an appleとしてしまえば、リンゴみたいな私、
なんていう意味になってしまいます。

つまり、英語の句読点や記号の使用は、日本語よりも厳密なのです。

 

コンマやピリオドの他にもコロンやセミコロン、ハイフン、ダッシュなどの記号に関する知識は
SAT対策には重要です。

実際のSATの文法問題でも良く問われる事項です。

もちろん、そのような記号の正しい知識を学べるのが、TOYOオンラインのライブ授業です。

 

SAT対策に必要な英語の知識は、一般受験の英語とは違います。

一般受験では不必要な知識でも、実際の英語運用に大切な知識は沢山あります。

残念なことに、このような記号運用知識などは、現地校の高校では教わりません。

 

SATの問題に触れることの重要性は、公式な英語を運用するための知識を、
問題を解くことで確認できることです。

もちろんすべてのSATの問題が重要である訳ではなく、必要な問題を取捨選択して学習することが必要です。

TOYOオンラインではライブ授業と通信添削授業を通じ、一人一人の受講者の正しい知識を
構築するお手伝いをしています。

 

TOYOオンラインのライブ授業では、毎週の授業を通じて、あなたの学力を改善する講座を提供しています。

30年の経験を活かし、どのような人の力も伸ばすノウハウを蓄積しています。

半信半疑の人も、通常の授業に無料で体験参加をすることができますので、是非、ホームページからお申込みください。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラス
などを利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方はこちらからお申込みください。

 

<ONLINE受講者へのお知らせ>

次に申し込めるSATは3月12日開催のものです。

LATE予約の申し込み期限は3月1日です。

今期からSATサブジェクトテストやエッセイテストは無くなっています。

ですから、安心して通常のSATに専念してください。

また、TOEFLを受けることも忘れないでくださいね。

 

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOオンラインの通信授業は、
世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。