分詞構文など不必要

日本の一般受験で重要視されている構文に分詞構文というのがあります。

書き換え問題などに頻出される形で、いろいろな例文や書き換え練習をさせられます。

たとえばTired from work, I went bed early.が分詞構文で、
書き換えをAs I was tired from work, I went bed early.にするというような問題です。

 

日本の受験参考書などでは、この分詞構文を細かく分類し、否定語から始まる場合とか、
接続詞から始まるものなど、沢山の場合と例文を解説しています。

したがって、真剣な受験生は、沢山ある例文を丸覚えして勉強します。

もちろん、それに伴う時間や努力は大変なものです。

 

ところがTOYOオンラインでは、これら分詞構文を含む表現を、簡単に覚えやすく教えます。

このような文頭の説明部を、文頭の動詞を含まない部分、として簡単に処理をします。

できるだけ少ないルールで処理することで、実用英語の円滑な使用をするというのが
TOYOオンラインの学習方針です。

 

日本では通常は正式な英語学習は中学校から始まります。

中学に入る前は、一番勉強したいのは英語ですと答える小学生が多くいます。

ところが中学に入学して1学期が終わる頃には、一番嫌いな科目は英語だと言う人が増えるのです。

 

もちろんこの理由は、日本の英語という科目で教えられる煩雑なルールにあります。

日本の英語学習の目的は、受験に合格するためで、本来のコミュニケーションのツールである
ということを忘れているからです。

英語の持つ国際的な普遍性で、いろいろな人と意見交換が出来ると言う、
本来の目的が抜け落ちているのです。

 

では、英会話が出来るようになれば良いのであって、別に煩雑なSAT対策なんて
必要ないと考える人もいるでしょう。

せいぜいTOEFL対策で十分だと考える人もいます。

しかし、意見交換をする場合、相手が高度な知識を持つ人だと、それに応じた
高度な単語力などが必要になり、それに対応するのがSATの英語なのです。

 

日本では、英語は一種類だと思われています。

しかし、実際はアメリカの優秀な主要大学を卒業したような人の使用する英語は、
一般会話の英語とは異なります。

特に大きな差は、その使用単語の知識の有無になります。

 

SAT対策の必要性は、どのようなレベルの人と接しても、完全な共通理解ができる
基本的な英語力の構築です。

高度な単語力、文法力、文の構成の知識を獲得するのが目的です。

もちろん、そのような高度な英語力を構築し、さらにTOEFLやSATのテストで
高得点を獲得できる対策をしているのがTOYOオンラインのライブ授業です。

 

TOYOオンラインのライブ授業では、受講者の必要性を最優先する対策を提供しています。

授業では、丹念に時間をかけて単語や文法、読解法の説明をしています。

つまり、得点ジャンプをするための燃料を備蓄するような作業をしているのです。

 

そして、その知識を応用して、素早く問題を解く作業は通信添削の教材で
実戦力を磨くことができるようになっています。

ライブ授業と添削授業の組み合わせで、あなたの得点力を大幅に上げていってください。

 

TOYOオンラインのライブ授業では、毎週の授業を通じて、あなたの学力を改善する講座を提供しています。

30年の経験を活かし、どのような人の力も伸ばすノウハウを蓄積しています。

半信半疑の人も、通常の授業に無料で体験参加をすることができますので、是非、ホームページからお申込みください。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラス
などを利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方はこちらからお申込みください。

 

<ONLINE受講者へのお知らせ>

次に申し込めるSATは3月12日開催のものです。

予約の申し込み期限は2月11日です。

今期からSATサブジェクトテストやエッセイテストは無くなっています。

ですから、安心して通常のSATに専念してください。

また、TOEFLを受けることも忘れないでくださいね。

 

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOオンラインの通信授業は、
世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。