SATで使える熟語と使えない熟語

11月21日(日)帰国子女受験オンライン説明会のお申し込みはこちらから!!

 

もしあなたがTOEFLとSATの英語の違いを知っていれば、現地校で使う英語には
非公式なものが多く含まれることが分かるでしょう。

TOEFLは外国からアメリカの学校に留学する人の英語力を試す試験ですから、
日常生活で使用する非公式な英語使用を含みます。

しかしSATは公式な英語使用を中心とするものですから、より厳密なルールが適用されます。

 

実は、本格的にSATの英語対策をするまでは、この日常語を正しい英語使用と
勘違いしている人が多いのです。

もちろん、これは正しいSAT対策のことで、TOYOオンラインのSAT対策以外では、
あまり認識されていません。

ですから、正しく本当のSAT対策をすること必要なのです。

 

たとえば、めざすとか目標にするという意味でSHOOT FORという
熟語を使うことがあります。

現地校の宿題などで、この成句を使用しても、特に問題は起こりません。

しかし、公式な英語使用ではAIM FORとかAIM ATとする必要があります。

 

このような微妙な差を明確に認識していなければ、SATでは高得点が取れません。

要するに、何が正しく、何が非公式な英語使用であるかの差を知ることが重要です。

もちろん、そのような学習が可能なのは、TOYOオンラインのライブ授業です。

 

なぜSAT対策が重要であるかは、このような非公式な英語用法と公式な英語用法の
明確な差を理解することです。

日本では帰国子女は英語が出来る人として受け取られています。

しかし、その帰国子女が日本での英語として受け入れられている日常語と公式な英語の
区別も出来ないなら、それは英語が出来る人ということには値しません。

 

SATでの高得点は難関大学に進学するには、重要です。

しかし、もっと重要なのは、一般受験生には無い、一枚上の英語力を保持することです。

そして、それを可能にしているのが、TOYOオンラインのライブ授業なのです。

 

日常語と公式な英語の差を知ることは簡単ではありません。

いろいろな正しい英文に当たり、公式な文法使用や単語の学習が必要です。

もちろん、その蓄積がSATの高得点に結びつきます。

それがTOYOオンラインのライブ授業の成果です。

 

あなたが、公式な英語使用のルールをマスターすれば、それ以外の非公式な英語使用を
差別化することができます。

ですから、高度な英語力を構築する最初のステップは、集中的な正しい英語ルールの学習です。

それがTOYOオンラインのライブ授業の目的なのです。

 

TOYOオンラインのライブ授業では、極端に難しい問題を学習することはありません。

それよりも、基本に忠実なものを優先的に扱います。

その中にある非日常的な表現を取り出すことができる応用力を磨きます。

これが多くのTOYO生がTOEFLやSATで高得点を挙げ、難関大に合格する秘訣です。

 

現地滞在が長くて、自分では英語力はあると思っている人でも、
実は沢山の知識の落とし穴があります。

そのような弱点を解消しない限り、SATでは高得点が取れません。

本当かな、と思う人は実際にSATの試験を受けてみてください。

きっと、こんなはずじゃなかったと実感されると思います。

 

TOYOオンラインのライブ授業では、毎週の授業を通じて、あなたの学力を改善する講座を提供しています。

30年の経験を活かし、どのような人の力も伸ばすノウハウを蓄積しています。

半信半疑の人も、通常の授業に無料で体験参加をすることができますので、
是非、ホームページからお申込みください。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラス
などを利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方はこちらからお申込みください。

 

<ONLINE受講者へのお知らせ>

次に申し込めるSATは12月4日開催のものです。

予約の申し込み期限は11月4日です。

今期からSATサブジェクトテストやエッセイテストは無くなっています。

ですから、安心して通常のSATに専念してください。

また、TOEFLを受けることも忘れないでくださいね。

 

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOオンラインの通信授業は、
世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です