英語を英語で学ぶのは非効率

Assimilation というのは同化とか順応するという意味の単語です。

アメリカは移民の国ですから、すべての移民はこのプロセスを経て融合していきます。

非英語圏からの移民は英語環境に慣れることが最初の関門です。

 

英語使用に関しては、実際に現地で使用される言葉、特に話し言葉は
日本の学校で教わる英語とは少し違います。

私は最初にWANNAとかGONNAというのが分かりませんでした。

これはもちろん、WATN TOとかGOING TOのことですが、これを知ったとき、
とにかく英語を英語で学習することの重要さを感じました。

 

それからというものは、単語も英英辞典で覚え、生活のすべてを英語で統一するようにしました。

周りの英語世界に合わせるという同化の過程としてはこれは当然でしょう。

しかし、これは周りに合わせるだけで、それ以上には進めないのです。

高度な英語力は通常の日常英語を越えた語学力を意味します。

 

英語の学習は2つのステップがあります。

まず、現地の英語環境に慣れ、日常英語の使用に熟達することです。

しかし、この段階では一般的な、周りの英語使用をする人々と同等な英語力しか獲得できません。

SATで高得点を取れる英語力は弁護士や研究論文を作成する
学者レベルの高度な英語力が必要になります。

 

SATの英語は日常使用する英語を越えています。

より正確で規則正しい英語です。

もし、契約書や法律文書にあいまいな表現が含まれていれば、大きな問題が発生します。

厳密な英語使用には、それに応じた適切な英語知識が必要なのです。

 

SATレベルの高度な英語力を獲得するには、周囲の英語レベルを超える学習が必要になります。

その際、英語を英語で学ぶのは、同じバブルの中でもがくのと同様で、
そのバブルの中から突き抜けることができません。

そのために、自分の固定した見方を突き抜ける画期的な学習が必要になります。

 

TOYOオンラインの授業が日本語で提供されるのは偶然ではありません。

先進的な語学の学習には、別な言語を使用することが非常に有効です。

英語を日本語からの角度から見るのは、英語をイタリア語やフランス語から見るのと同じです。

異なる言語を使用し、英語を学習するのは高度な英語力獲得には非常に有効なのです。

 

長期滞在者の中には、現在の自分の英語力で十分であるという認識を持つ人が多くいます。

これは自分のまわりの社会と同等であるという意味ですから、それを越えた高度な英語知識を問われる
SATには不十分です。

高度な英語力を最短期間で習得するには、英語以外の言語による比較学習法が必要になります。

 

SATの得点を改善するには、自分の知らない知識を積極的に取り入れることが必要です。

あなたが今10年生なら大丈夫です。

11年生ならギリギリです。

もし、本格的なSATを中心とした英語対策をスタートするのが遅れてしまえば、
せっかくの大きなチャンスを取り逃がしてしまいます。

帰国受験はスタートを早く切るだけで良い結果が出るのですから、こんな楽な受験は無いのです。

 

TOYOオンラインのライブ授業では、毎回の授業で単語、文法、読解などの部分を学習しています。

もちろん、正しい英語使用の基準を提示し、理解するためのお手伝いをしています。

 

もし、今あなたが10年生で、この秋から11年生になるのなら、
すぐにTOYOオンラインのライブ授業に参加してください。

残り時間のことを考えると実は9年生の人の本格的な学習の開始が必要です。

強力な英語力の構築には最低2年間の有効な対策が必要ですから、
充分な余裕を持って対策を開始してください。

 

帰国受験では、受験の2年前からの統一テスト結果を出願に使用可能です。

ですから、早い時期に高得点が出て困ることは何もありません。

逆に、対策開始が遅れて、高得点が出る前に受験突入となれば、
それは最悪の受験準備と言わなければならないでしょう。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラス
などを利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方はこちらからお申込みください。

 

<ONLINE受講者へのお知らせ>

予約ができる次のSATは11月7日開催のものです。

LATE予約の締切は10月27日です。

SAT会場も非常に少なくなっているので、少し遠くの会場でも頑張って出かけて行って受けましょう。

特に来年受験予定者は、これからのSATはすべて申し込んでください。

 

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOの通信授業は、
世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です