仮定法は英語の祖先

京都の東山三十六峰の一つに、将軍塚と呼ばれる小高い山頂があります。

名前から分かるように、将軍をたたえた歴史を持つ山頂です。

しかし、将軍といっても江戸時代の徳川家の将軍と言う訳ではありません。

 

将軍塚に祭られている将軍は、平安京が出来た紀元794年直後に征夷大将軍に任じられた坂上田村麻呂で、
今から1200年以上も前の話です。

この頃の年号は延暦で、京都の北部に位置する天台宗の開祖最澄が創設した
比叡山延暦寺の名前の起源にもなっています。

京都に住む人々にとっての歴史は千年前の出来事が、あたかも昨日に起こったように記憶されているのです。

 

現代に生きる人間は、すべてが現代に始まったような印象を持っています。

しかし、現実はそうではなく、現代の事象は随分昔にその起源を持っているのです。

それは現代に使用されている英語も全く同じなのです。

 

英語のルーツは非常に古いのですが、現代英語のルーツはそうではありません。

英語という名の通り、英語は現在のイギリスで使われた言語です。

しかし、日本と異なりイギリスの統治者は一通りではなく、北欧人のバイキングやドイツ人、
ラテン系のローマ人、フランク族のフランス人など多種の人種にわたっています。

 

要するに英語のルーツは複雑で、一貫した言語ではないのです。

それを統一し、まとめたのが近代英語なのです。

それは1600年頃に作られたジェームズ王版の聖書を編纂する際に完成したと言われています。

英語は日本語に比べると比較的新しい言語ということができます。

 

日本の一般受験の英語試験で出題される難問に仮定法の問題があります。

仮定法は実は、現代の英文法の規則にはのっとっていません。

仮定法は、実は現代の英文法よりも古い時代に慣習的に用いられていた英語の名残りなのです。

 

このような例外はありますが、現代英文法は非常に規則正しい言語使用法を規定しています。

スポーツのルールと同じで、何が反則なのかを明確に規定しています。

したがって、現代英文法をしっかりと学ぶことで、正しい英語の運用が誰にでも出来るようになるのです。

 

温故知新ということわざは、古きを知り新しきを知ると訳されています。

これは一般には、昔からの経緯を理解して初めて、現代の事象の成り立ちが理解できる
という意味と解釈されています。

同様に、英語の理解も現代英語だけでなく、それがどのようにして発達してきたかの
歴史的な変遷を理解することが大切です。

 

TOYOオンラインでは、英語を単純に受験のツールとして教えている訳ではありません。

帰国子女として、異なる言語に触れ、その言語使用の裏にある文化理解を学ぶことを勧めています。

異文化に触れる帰国子女にとって重要なのは、その文化が日本文とどのように異なるか、
そして、その言語が日本語とどのように異なるかを明確に認識することなのです。

 

SATのような高度な英語力試験で高得点を取れる英語力を構築するには、段階的な進歩が重要です。

英語力を上げる正しい対策法は、まず、基本をしっかりと充実することから始まります。

基本事項は当たり前すぎて、つい軽視してしましますが実際に高度な英語力を構築するためには、
基礎の土台をできるだけ堅固に突き固めないと将来の伸びが失われてしまいます。

 

もし、今あなたが10年生で、この秋から11年生になるのなら、
すぐにTOYOオンラインのライブ授業に参加してください。

残り時間のことを考えると実は9年生の人の本格的な学習の開始が必要です。

強力な英語力の構築には最低2年間の有効な対策が必要ですから、
充分な余裕を持って対策を開始してください。

 

帰国受験では、受験の2年前からの統一テスト結果を出願に使用可能です。

ですから、早い時期に高得点が出て困ることは何もありません。

逆に、対策開始が遅れて、高得点が出る前に受験突入となれば、
それは最悪の受験準備と言わなければならないでしょう。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラス
などを利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方はこちらからお申込みください。

 

<ONLINE受講者へのお知らせ>

5月のSATと6月のSATは中止となりました。

次のSATは9月26日です。

また、9月のSAT会場も非常に少なくなっているので、初期に申し込んでいた会場で
試験が中止になった場合、早い機会に会場変更を申し込んでください。

 

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOの通信授業は、
世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です