SAT英語は数学の解法と同じです

もしあなたが分数計算を満足に出来ないとしたら、それで微分とか積分の問題が解けると思いますか。

数学は算数から継続的に学習することが必要な科目です。

足し算が満足にできないのに、突然、中学で習う因数分解が理解できるようにはなりません。

 

しかし、語学は数学ほどには因果関係が明白ではないので、足し算や掛け算が出来ない人が、
微分や積分にチャレンジしているような場合があるのです。

その典型が単語力が無いのに、長文速読をしたいと考えるような場合です。

また、文法知識が不十分なのに、SATで高得点を取れるのではないかと考えるような場合です。

 

物事には順序というものがあります。

それは語学学習でも同じで、基本を蓄積した後に、応用的な技術を学ぶことが必要です。

しかし、これは日常生活の体験的感覚によって誤った考えに陥る場合が多く見られるのです。

これが比較的長期滞在者の陥り易い落とし穴です。

 

海外に出て、異なる言語環境に突然放り込まれた人は、非常に困惑します。

それが小学校などの低学年の間ならなおさらです。

毎日が苦闘の連続で、いわれもない差別待遇に悩まされることも多く見られます。

そのような苦労をなんとか克服した長期滞在者は、よかった、ほっとしたという感覚を持ちます。

 

これは周りとなんとかやっていけるだけの語学力を得たという感覚です。

だから、これで大丈夫、これで十分だという感覚です。

しかし、それが大きな落とし穴なのです。

 

現地の小学校、中学校の英語は、日常語、特に会話中心です。

それは決まった受け答えをするような、日常会話の挨拶的な英語で、自分の考えを
論理的に提示するための高度な英語とは程遠いのです。

しかし、ひと波くぐり抜けた長期滞在者は、それまでの自分の努力を過大評価し、
それで十分であると考えてしまいがちです。

 

そのような人がSATを受けると、どうして高得点が出ないのだろうという
疑問にぶち当たります。

自分では十分に理解できていると思った英語力なのに、なぜか高得点が出ないのです。

そこで考えるのは、自分の力が問題なのではなく、試験形式に問題があるのだという考えです。

そして、それが長文速読法を教えてくださいという注文です。

 

SATは非常に論理的な文章内容の試験です。

数学の試験同様、基本からの一つ一つの技術や知識が必要になるテスト科目なのです。

したがって、その対応には基本からの着実な知識や技術を習得することが必要なのです。

これは、こんな感じかなとか、だいたいはこれで良いというようなあいまいな感覚ではなく、
明確な正解を導き出すような数学問題の解法に共通な語学力の構築が必要なのです。

 

英語力を上げる正しい対策法は、まず、基本をしっかりと充実することから始まります。

基本事項は当たり前すぎて、つい軽視してしまします。

しかし、実際に高度な英語力を構築するためには、基礎の土台をできるだけ堅固に突き固めないと
将来の伸びが失われてしまいます。

ですから、見かけに動揺せず、TOYOオンラインのライブ授業でしっかりと基本を習得してください。

 

もし、今あなたが10年生で、この秋から11年生になるのなら、
すぐにTOYOオンラインのライブ授業に参加してください。

残り時間のことを考えると実は9年生の人の本格的な学習の開始が必要です。

強力な英語力の構築には最低2年間の有効な対策が必要ですから、
充分な余裕を持って対策を開始してください。

 

帰国受験では、受験の2年前からの統一テスト結果を出願に使用可能です。

ですから、早い時期に高得点が出て困ることは何もありません。

逆に、対策開始が遅れて、高得点が出る前に受験突入となれば、
それは最悪の受験準備と言わなければならないでしょう。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラス
などを利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方はこちらからお申込みください。

 

<ONLINE受講者へのお知らせ>

5月のSATと6月のSATは中止となりました。

次のSATは8月29日です。

さらに今年は9月にも臨時でSATが開催される予定です。

来年以降受験を控えている人で、SAT未受験者はできるだけ早い機会にSATを申し込んで受験をしましょう。

 

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOの通信授業は、
世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です