少なく覚え大きく使う

英語だけでなく、どんな語学でも暗記することが重要です。

単語覚えをしないと英語力は伸びないのは誰でも知っています。

しかし、この暗記するということは面倒で時間が掛かるので、
それを最小限にして力を伸ばすことはできないのでしょうか。

 

どうしても暗記だけに頼ると時間も努力も必要になります。

しかし、中にはこのような努力が苦手だという人もいると思います。

そこで、なんとか暗記を最小限にして、効率よく学習することが求められます。

そして、それを可能にしているのがTOYOオンラインのライブ授業なのです。

 

たとえば、単語の暗記にしても、丸ごと暗記するのではなく工夫をしてください。

一つの単語でも、その単語に関連する単語を同時に覚えていくと、一つが、三倍、四倍に拡大します。

それが接頭語や接尾語、語源に関する知識を拡大することです。

 

一見、脈絡のない単語でも、その単語の歴史、起源を知ると、それから派生する単語が
理解できるようになります。

たとえば、PROCEEDという単語がありますが、これはPROとCEEDに分割できます。

PROは前という意味で、CEEDは進むという意味です。

要するに、この語は前に進めるという意味になります。

 

CEEDが入っている単語として、SUCCEEDやRECEDEがあります。

CEEDが進むという意味であることが分かっていれば、このような関連語も
同時に理解することができるようになります。

要するに最小限の知識で、最大効果を挙げることが可能になるのです。

 

これは、文法事項でも同様です。

TOYOオンラインのライブ授業では、文法カードを作ることを勧めています。

この文法カードは数多くありません。

せいぜい10数枚のカードで、すべての文法問題を処理するように工夫されています。

覚えることを最小にして、最大効果を挙げるのがTOYOオンラインの対策の中心なのです。

 

帰国受験対策は、まったく異質な勉強をするのではなく、現地滞在中は統一テスト対策を中心にしてください。

統一テスト対策は、自分の英語力を上げる勉強ですから、これにより現地校の成績上昇にもつながります。

この点においても、最小の努力で最大効果を挙げる学習法ということができます。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、すべての内容を意図的に提示しています。

受講者のニーズを判断し、教材から内容説明までを授業計画に組み込み準備しています。

高度な英語力を蓄積するにはある程度の時間が必要ですが、毎回の授業参加で一つ一つ知識を積み重ねると、
大きな力が醸成できるのです。

 

TOYOオンラインの授業は、本当に必要な英語力を構築するためのツールです。

しかし、この高度な英語力の構築には時間がかかります。通常は数年という期間が必要となります。

 

もし、今あなたが10年生で、この秋から11年生になるのなら、
すぐにTOYOオンラインのライブ授業に参加してください。

残り時間のことを考えると実は9年生の人の本格的な学習の開始が必要です。

強力な英語力の構築には最低2年間の有効な対策が必要ですから、
充分な余裕を持って対策を開始してください。

 

帰国受験では、受験の2年前からの統一テスト結果を出願に使用可能です。

ですから、早い時期に高得点が出て困ることは何もありません。

逆に、対策開始が遅れて、高得点が出る前に受験突入となれば、
それは最悪の受験準備と言わなければならないでしょう。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラス
などを利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方はこちらからお申込みください。

 

<ONLINE受講者へのお知らせ>

5月のSATと6月のSATは中止となりました。

次のSATは8月29日です。

さらに今年は9月にも臨時でSATが開催される予定です。

来年以降受験を控えている人で、SAT未受験者はできるだけ早い機会にSATを申し込んで受験をしましょう。

 

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOの通信授業は、
世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です