SAT読解は心理状態で変化する

文章を読解する際、その文章を見て解釈するときの心理状態が異なります。

たとえば、SATの長文のような非常に長い文章を短時間に処理を
しなければならないとき、どうしても読み方が浅くなります。

その逆に、非常に短い文だと、少し余裕を持って、内容を理解できます。

 

文章を読むという点に関しては、長文でも短文でも同じなのですが、
心理状態が異なるため、どうしても読み方に変化が起こります。

これは、心理的な焦りが大きく影響をするためです。

ですから、強力な読解を実現するには、長文に対しても、心を落ち着かせて、
ゆっくりと着実に文を読み取る技術をマスターすることが必要になります。

 

TOYOオンラインでは、受講者の読解力を改善するために、
英文を日本語に転換する練習をしています。

初めて授業に参加した人は、この和訳をするという作業に少し驚きます。

多分、多くの人は学校の宿題などで文章を読み取る際には、
単に文を目で追いかけて処理をしています。

それでも、なんとかやってきたのに、どうして、こんな面倒なことを
させられるのかという疑問を持つのが普通です。

 

特に長期滞在者になると、いつも英語を英語で解釈してきたのに、
こんなことは出来ないと感じる人が多いようです。

実は、これが問題なのです。

自分の英語理解力は完璧でなくても、それで充分であるという
心理が底にあります。

本当は、その英語力は英文の伝える内容を100%理解していないのに、
それで充分だと誤解しているのです。

 

英語力があると感じている人が目で文章を追いかけて理解する
文章内容には、漏れている部分が多くあります。

英文和訳をすると、非常に細かい部分が見えてきて、自分が最初に
感じた内容とは異なる理解が生まれることが頻繁にあります。

これは、その文に使用されている単語の用法や文法的な表現の
詳細に気づくためです。

 

このような点を踏まえ、TOYOオンラインでは、長文でもわざとそれを
短い部分に分離し、一つの読解部分が数行になるように改変しています。

それにより、最初に目に入る読解部分が短文になるように工夫しています。

人間の心理として、短い文ならば、日本語に転換する作業も、
あまり苦痛に思えないからです。

 

もちろん、長文もこのような短い段落を蓄積すれば、時間はかかっても
着実に理解できるようになります。

その結果、知らない間に、自分の中で深く文章を読むという態度が
構築されます。

このような基本読解の態度が出来れば、それが長文になっても、
同様な読み方で理解をすることが可能になります。

つまり、長文を読み解くのは最初は心理的にハードルが高くても、
練習次第では簡単にすることができるということです。

 

TOYOオンラインのライブ授業では、個人の問題点を把握し、
その人に必要な指導をします。

読解には、単語力や文法力の充実も必要ですから、そのような学習も積極的に進めます。

そして、一定期間の後には、全員が高度な英文読解力を
身につけることが可能になるのです。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラス
などを利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方はこちらからお申込みください。

 

<ONLINE受講者へのお知らせ>

12月7日の次のSATは3月14日で、申し込み締め切りは2月14日です。
アメリカ以外では締め切りは1月29日です。

来年受験者で、まだサブジェクトテストを受けていない人は、
受験を済ませるようにしておきましょう。

1回で3科目を受けられるので、MATH2を含む他2科目を受けましょう。
MATH1と日本語は受けないでください。

 

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOの通信授業は、
世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です