SAT学習は意識の転換で

来年受験のキックオフ説明会開催決定!!

詳細・お申し込みは、こちらから!!

 

英語は日本語ではない、と言うと当たり前でしょうという答えが返ってきます。

もちろん、英語は日本語ではありませんが、多くの人は

英語が日本語の延長であるかのように考えています。

 

日本は豊かな自然に恵まれはっきりとした四季もあります。

稲作を中心とした農業は比較的穏やかな人心を養い、その言語は命令の伝達手段というよりは、

情緒を伝えるものとして発達しました。

万葉集に見られるように和歌がコミュニケーションの輪を広げたというのは、

西洋には見られない特徴です。

 

このため日本語には多くの形容詞が存在します。

その他にも感情やその時々の気分や情景を記述する無数の用語があります。

そのせいもあり、日本人が英語を学習する際には、英語も日本語同様に

豊かな感情表現をするものと思い込みがちです。

 

基本的には英語は動詞中心の言語です。

日本の公教育で最初に習う英語に5文型があります。

これを見ても、すべての文型には動詞が含まれます。

英語は日本語とは異なり、どちらかというと行動の伝達が中心機能なのです。

 

英語の動詞の変化は、日本語には無い時制が多くあります。

その典型が完了形時制です。

また、主語と動詞の関係も重要で、主語が無い文というのは基本的にはありません。

日本語の場合は、主語があいまいなものが多く見られ、特に政治家が使用する言葉では、

主語も動詞も明確ではないようなものがあります。

これは、英語ではあり得ない表現です。

 

このような日本語使用の観点から英語を学ぶと、自分の気づかないうちに

正しい英語表現から外れてしまうのです。

英語は日本語じゃない、というのはそういう意味なのです。

英単語や英文法を学習する際は、そのような点に留意して学ぶことをお勧めします。

 

英語には正しい形、正しい表現というのがあります。

SATがテストする英語は特にこの点に重点が置かれています。

SATがテストする英語は、公式な英語使用の知識で、その論理性が重要視されます。

論理的というのは科学的とか数学的と言い換えることができます。

 

この点がTOEFLとSATの大きな差です。

TOEFLは日常語の試験ですが、SATは論文を書いたり、法律文書や

契約書を読み解くために必要な英語です。

もちろん、英語でも豊かな情緒を表現することができますが、

その基本は正しく明確な表現法です。

 

短期間に高度な英語力を獲得するには、このような英語の特徴を

しっかりと見据えることが大切です。

英語力をつけるのは数学の勉強と同様で、一つ一つのステップを

着実に身につけることで効率的な学習が可能です。

もちろん、それを可能にしているのがTOYOオンラインのライブ授業です。

 

確実にSATで高得点を挙げる知識の蓄積は、TOYOオンラインのライブ授業で可能です。

ただ、このような知識が実際の試験で縦横に使用できるまで、

研鑽するには時間がかかります。

ですから、SAT対策をスタートするのは10年生から開始されることをお勧めします。

もちろん、今の時期では現在9年生で、この秋から10年生になる人を含みます。

 

TOYOオンラインでは、SATやTOEFLに必要な英語力を実際に改善しています。

もちろんそれが出来るのは、それに必要で理にかなった対策法を確立しているからです。

得点力を上げるには、力をつけるために必要な個々の部分の改善が必要で、

それを提供しているのがTOYOオンラインのライブ授業です。

 

この着手点になるのがTOYOオンラインが毎年夏に開催する東京での一時帰国SAT講座です。

今年は7月1日からの5日間、東京代々木駅前の代ゼミ国際教育センターを会場にして開講します。

参加申し込みは、会場の代ゼミ国際教育センターに直接ご連絡ください。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間は

それが有効かどうかが判断できません。

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、

受験失敗に結び付くことになってしまいます。

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンライン

対策クラスなどを利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週週末に放送されます。

アメリカ時間の金曜、土曜、日曜です。

日本時間だと、これは土曜、日曜、月曜になります。

もちろん、日本でも視聴することが可能ですが、アメリカ時間の日曜日のクラスは日本では、

月曜日の早朝、午前2時半(夏時間が終了する11月6日以降は午前3時半)になってしまうので、

ちょっと厳しいかもしれません。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ正確な理解はできません。

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、適切な教材選択と指導で、

徐々に受講生の読解力を向上させていくことが出来る様になっています。

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、

ご希望の方は こちらからお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です