接続詞の後ろの主語+BEの省略

日本の一般受験の英語で出題される文法事項は、実際の英語運用とは、
まったく異なるものです。

 

ですから、日本で教わる英語をいくら学んでも、いつまでたっても
実際の英語が使えないというのも当然です。

 

例えば、When ready, hit any key.という表現がコンピューターの
画面に出ることがあります。

 

これは、正式にはWhen (you are) readyなのですが、接続詞のwhenの後ろにある
you areが省略されている形です。

 

このような表現は、実際の英文には無数に出現します。

 

しかし、日本の受験文法では、このような形が話題になることは、ほぼありません。

 

つまり、日本の受験文法は、実際の英語運用とは非常に乖離している、
なんとも奇妙な英文法になっています。

 

しかし、実際の英語使用に関する試験であるTOEFLやSATでは、
このような表現法の理解は非常に重要です。

 

実際、TOYOオンラインのライブ授業で、このような表現を取り上げ説明すると、
ほとんどの人が、とまどいを感じます。

 

つまり、それだけ、実用的な英語使用に関するルールの理解が不足しているということです。

 

TOYOオンラインのライブ授業では、このような実用英語の表現法に関するルール、
実用的な文法を詳しく学習します。

 

上の例の表現は、非常に良く出くわすので、文法を覚え易くするために、
接続詞の後ろの主語+BE動詞の省略、という分かりやすいフレーズで
覚えるようにしています。

 

もちろん、この接続詞の後ろの主語+BE動詞の省略に関する文法問題は、
SATの文法セクションで頻出します。

 

ですから、このことに関する知識がなければ、正しい答えを選べず、
誤答をする結果となってしまいます。

 

さらに、このような表現は、当然、通常の読解問題の中でも出てきます。

 

しかも、その正確な表現法が理解できなければ、文章理解の中に、
重大な欠陥が発生します。

 

つまり、読解理解の欠落部、穴がぽっかりと開いてしまいます。

 

TOEFLやSATの高得点を可能にするのは、充実した単語力や文法力が
大きな役割を果たします。

 

しかし、このような実用英語の知識を取り上げ、解説しているのは、
TOYOオンラインのライブ授業しか無いのが実情です。

 

このような正しい知識の蓄積には時間がかかります。

 

理論的には、少数の正しい文法事項をマスターするだけなのですが、
現実的にそのような知識をかみ砕き、理解するには、
かなりの期間がかかります。

 

ですので、できるだけ早い時期からTOYOオンラインのライブ授業に
参加されることをお勧めします。

 

あなたの英語力を飛躍的に向上させるには、正しい対策が不可欠です。

 

そして、それを提供しているのが、TOYOオンラインのライブ授業です。

 

もちろん、強力な読解力を獲得するのは、短期間では出来ません。

 

ですから、十分な対策期間を確保する、正しい英語力アップ対策を計画してください。

 

TOYOオンラインでは、SATやTOEFLに必要な英語力を
実際に改善しています。

 

もちろんそれが出来るのは、それに必要で理にかなった対策法を
確立しているからです。

 

得点力を上げるには、力をつけるために必要な個々の部分の改善が必要で、
それを提供しているのがTOYOオンラインのライブ授業です。

 

TOYOオンラインでは、長年の受験指導の経験と成果に基づく
ノウハウを蓄積しています。

 

それにより、多くの受験生のSATやTOEFLの得点を
大幅に改善しています。

 

大幅というのは、最初のSATが1000点以下の人を
1300点以上に上げるというようなことです。

 

ただ、その対策期間には個人差がありますので、できるだけ早めに
対策を開始することをお勧めします。

 

この着手点になるのがTOYOオンラインが毎年夏に開催する
東京での一時帰国SAT講座です。

 

今年は7月1日からの5日間、東京代々木駅前の代ゼミ国際教育センターを
会場にして開講します。

 

参加申し込みは、会場の代ゼミ国際教育センターに直接ご連絡ください。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

 

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

 

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

 

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間は
それが有効かどうかが判断できません。

 

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

 

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラスなどを
利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週週末に放送されます。

 

アメリカ時間の金曜、土曜、日曜です。

 

日本時間だと、これは土曜、日曜、月曜になります。

 

もちろん、日本でも視聴することが可能ですが、アメリカ時間の日曜日のクラスは
日本では、月曜日の早朝、午前3時半になってしまうので、ちょっと厳しいかもしれません。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です