滞在が短い人でもSAT高得点が取れるのか

日本から初めて海外に出て、滞在期間がまだ短い人は、どうしても英語力が不足するので、
TOEFLやSATなどの英語試験では苦労します。

 

でも、そのような場合でも、正しい対策をすれば、現地校を卒業するまでに、
十分な英語力をつけることができます。

 

もちろん、短期留学のような数週間、数カ月の滞在期間では不足ですが、
帰国受験ができる2年程度の期間があれば、英語力の改善は可能です。

 

ただ、これは正しい対策をする場合で、誤った対策法では望むような結果を出すのは
難しいことを認識してください。

 

ここでいう誤った対策というのは、日本での学習塾などの学習法の延長のような対策です。

 

英文読解に関しても、長文問題を解いて答え合わせを繰り返すような勉強です。

 

また、文法に関しても、日本の一般受験の文法を基礎にしたような学習です。

 

SATなどの長文問題に対応できるような読解力は、単に読解問題を
解くだけでは得られません。

 

読解は総合力ですから、単語力、文法力、文の構造などの分析力が備わっていないと、
思うような結果は出せません。

 

それゆえ、強力な単語力や文法力をつける対策と並行して、
読解法の基礎を学習する必要があります。

 

SATなどのテストに必要な英文法は、実用英語の基本ルールです。

 

日本の英文法は受験問題で正解を取るための文法ですから、
その方向性が180度異なります。

 

実用英語のルールである文法は、難しいものでもないし、覚える事項も多くはありません。

 

しかし、正しい英語を運用するためには非常に重要な基本ルールです。

 

SATに対応できる強力な読解力をつけるには、段階的な知識の蓄積が必要です。

 

段階的というのは、一回一回の授業ごとに力を積み上げるような学習法です。

 

もちろん人間の常で、覚えたものは、すぐに忘れてしまいますから、反復練習も必要です。

 

ただ、毎回の授業で確実に力がついていくことが実感できることが重要です。

 

TOYOオンラインのライブ授業では、このような方針で授業をしています。

 

しかし、最初に授業に参加した場合など、今まで耳にしたことが無いような事項の
説明などがあるので難しいような気がしますが、これは数回の授業参加を体験すると実は、
非常に明快であることが理解できます。

 

文法事項などでは、他にはない独自な説明をするのは、
それが覚えやすくまとまっているからなのです。

 

学習効率を上げるためには、既存の文法などは非効率で、根幹が理解しにくいので
独自の文法理解法を提示することが必要なのです。

 

たとえば公式な英語使用に非常に重要な文法事項の一つに、
接続詞ANDなどの用法があります。

 

これは同じ意味、語形、品詞などの共通点のある文や語句を並列することが必須なのですが、
一般受験の英文法では教えません。

 

これはTOYOオンラインではA,B,and C形、というような用語で覚えていきます。

 

このように公式な英語運用知識は、滞在期間の長短に関わらず
一から学習することが必要なのです。

 

その点で、TOYOオンラインのクラスは、滞在期間如何に関わらず、すべての人にとって
目からウロコが落ちるような学習が展開されているのです。

 

TOYOオンラインでは、個々の英語力を分析し、正しい助言をすることができます。

 

さらに、必要な技術や知識を一緒に学びます。

 

ですから、自分の英語力を上げようと思う人は、是非、TOYOオンラインにご連絡ください。

 

滞在期間が短く、比較的英語力が無い人でも、TOYOオンラインの提供する
正しい学習法で練習すると、確実にSATで高得点が取れるようになります。

 

もちろん、その結果、非常に高度な英語力が身につき、短期間で東大を狙えるような
力をつけることが可能になります。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

 

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

 

特に対策を開始して数カ月は、著しい進歩は見えないのが普通です。

 

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても、この期間は
それが有効かどうかが判断できません。

 

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

 

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの対策クラスなどを
利用することをお勧めします。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週週末に放送されます。

 

アメリカ時間の金曜、土曜、日曜です。

 

日本時間だと、これは土曜、日曜、月曜になります。

 

もちろん、日本でも視聴することが可能ですが、アメリカ時間の日曜日のクラスは
日本では、月曜日の早朝、午前3時半になってしまうので、ちょっと厳しいかもしれません。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です