SAT単語覚えの方法

TOEFLやSATに関わらず、どんな言語の学習でも必要なのが
単語おぼえです。

 

単語を単に覚えるだけでは、もちろん不十分で、それを
使いこなせるようになることが重要です。

 

ただ、それは分かっていても、なかなか覚えられないのが単語です。

 

よく日本の広告で宣伝しているものに、聞くだけで出来るようになる
英語教材というのがあります。

 

その中で、赤ちゃんは何もしないのに、自然に言葉をマスターするから、
ただ聞くだけで英語が上達するとしています。

 

たしかに、普通の人は特に頑張って単語覚えなどをしなくても、
母語を習得していきます。

 

しかし、それには長い期間をかけて、周りの人間が常に言葉づかいを
矯正していくことが必要です。

 

また、言葉と物を結びつけるように働きかけます。

 

たとえば、コップがあれば、それはコップと言うんだよ、
というような働きかけです。

 

その反復過程の中で、幼児は言葉を覚えていきます。

 

つまり、幼児が言葉を覚えていくのは、単に聞くという一方的な作業ではなく、
常に外部からの働きかけがある、双方向の学習過程です。

 

幼児が成長して高校生ともなると、独立した人格ができます。

 

外部の人間もそのことをわきまえていますから、言葉づかいが変な場合でも、
ただちにそれを矯正しようとはしません。

 

ですから、成長した人間は自分の使う言語をマスターする場合には、
自発的に誤った部分を見つけ、矯正することが必要になります。

 

単語覚えは、自分の中に新しい知識を導入する作業です。

 

これは簡単なように見えて、結構大変な作業です。

 

その理由は、人間は自分の中に無いものに出くわすと、内部に入れたくない
というような自己防衛本能が働くからです。

 

つまり、単語覚えは繰り返し覚える努力をすることが必要です。

 

これを可能にするのは、いつも簡単に単語を見返せる単語カードが便利です。

 

単語には覚え易いものと、覚えにくいものがあります。

 

ですから、同時に作成した単語リストでも、ある単語は早く、
ある単語はいつまでも覚えないという、速度の差が生じます。

 

単語カードを使っていれば、すでにマスターした単語は束から外し、
そこに新しい単語を追加することができます。

 

つまり、単語カードは単語覚えの小道具としては、
とても便利な機能を持っているのです。

 

単語帳を使用している人も多くいますが、自分の覚えたいものだけを
まとめることができません。

 

ですから、目的とする単語だけを常に見返すことが出来る
単語カードの使用をお勧めします。

 

日本なら百円均一ショップで安価に購入することができますので、
お土産などに頼むのも一案です。

 

文章をち密に理解するには、その文章に使用されている単語の完璧な理解とともに、
著者が意図する伝えたい内容を正確に読み取る必要があります。

 

それを支えるのは高度な文法力や文章の構造の理解力です。

 

TOYOオンラインでは、そのために分かりやすい言葉で、
丁寧に説明をすることを心掛けています。

 

12月後半から始まるTOYOオンラインの冬期集中授業は、単に理論的ではなく、
現実を踏まえた方針で英語力増強対策を進めていきます。

 

1月以降のSATの得点を飛躍的に伸ばすような力を養成するための集中授業で、
他とは一味違う強力な英語学習の基本をマスターしてください。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

 

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

 

特に対策を開始して3カ月から6カ月程度は、
著しい進歩は見えないのが普通です。

 

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても正しい学習法でも、
この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

 

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は
時間がムダになってしまい、受験失敗に結び付くことに
なってしまいます。

 

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの
対策クラスなどを利用することをお勧めします。

 

TOEFLやSATのような実用英語の対策には、一般受験の問題や
過去問を解くためだけの学習は不適です。

 

自分が英語を使用し、より明確に自分を表現する方法を
身に着けることが必要です。

 

そして、それはTOYOオンラインのライブ授業で
効率的に学習することができます。

 

もちろん、英語に対する理解が深まるとともに、TOEFLや
SATの得点力も上がります。

 

つまり、一挙両得なのです。

 

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週週末に放送されます。

 

アメリカ時間の金曜、土曜、日曜です。

 

日本時間だと、これは土曜、日曜、月曜になります。

 

もちろん、日本でも視聴することが可能ですが、アメリカ時間の日曜日のクラスは
日本では、月曜日の早朝、午前3時半になってしまうので、ちょっと厳しいかもしれません。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です