SAT対策、復習の重要性

SATは規則正しい英語を扱うため、その対策は非常に簡単です。

 

たとえば、1+2=3になる、というような規則正しさです。

 

そのルールさえ、しっかりと理解すれば、だれでもSATでの
高得点を短期間で獲得することが可能です。

 

ところが、実際の練習になると、理論的には進行しないのが現実です。

 

たとえば、単語覚えにしても一日25語を覚えていけば、
4カ月もあれば、3000語以上の単語が覚えられ、
SATに必要な難度の高い単語をすべて覚えられます。

 

もちろん、文法事項や読解基礎にしても同様です。理論的には3、4カ月で
SATに必要な基本知識がすべてマスターできるはずですが、実際は
そんなに簡単ではありません。

 

もちろん、それにはいろいろな理由があるのですが、最大の問題は、
覚えたことを忘れてしまうということなのです。

 

これは、だれでも経験があるように、しっかりと覚えたつもりなのに、
数日すると覚えたはずの単語の意味が分からないという状況です。

 

語学は、どうしても覚えるという作業を多く含みますので、
この忘れるということがマイナスに働きます。

 

ある調査によると、今日覚えた内容は翌日には8割程度、その翌日には
6割程度に減ってしまうということです。

 

つまり、一旦、覚えた内容も、何もしなければ一週間後には、
ほとんど忘れてしまうということになります。

 

この忘れるということを少なくするのが、復習の役割です。

 

学習した内容を翌日に復習すると、記憶の保持率が飛躍的に
上がるという報告があります。

 

ですから、新しいことを学習した後、必ず復習をすることが重要です。

 

TOYOオンラインのライブ授業では、その日に学習した内容を
授業後に配信します。

 

そして、それを見ながら復習するように受講生に勧めています。

 

また、受講形態でも、1週間に1日だけ受講する場合と、複数回
受講する場合では、この復習効果で知識の蓄積率が加速します。

 

次に知識の蓄積を遅らせるのが、集中力の欠如です。

 

学習をする際に、集中力が高い人は、理解度が深くなり、
より忘れにくくなります。

 

しかし、いろいろな原因で集中力が弱くなると、
思ったような効果が出なくなります。

 

集中力が弱くなる原因はさまざまです。

 

日本では受験生が学校のクラブ活動を引退するのは、肉体的な疲労が
集中力を弱めるためです。

 

一番の問題は、将来が見えない不安感です。

 

TOYOオンラインが、10年生になればSATを
受けてみましょうと勧めるのはこの理由です。

 

実際のテストを受ければ、SATに対する不安感が無くなります。

 

そして、より効果的な対策が可能になります。

 

12月後半から始まるTOYOオンラインの冬期集中授業は、
単に理論的ではなく、現実を踏まえた方針で
英語力増強対策を進めていきます。

 

1月以降のSATの得点を飛躍的に伸ばすような力を
養成するための集中授業で、他とは一味違う強力な
英語学習の基本をマスターしてください。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず得点は上がります。

 

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

 

特に対策を開始して3カ月から6カ月程度は、
著しい進歩は見えないのが普通です。

 

実はそれが問題で、誤った学習法を取っていても正しい学習法でも、
この期間はそれが有効かどうかが判断できません。

 

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は
時間がムダになってしまい、受験失敗に結び付くことに
なってしまいます。

 

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの
対策クラスなどを利用することをお勧めします。

 

TOEFLやSATのような実用英語の対策には、一般受験の問題や
過去問を解くためだけの学習は不適です。

 

自分が英語を使用し、より明確に自分を表現する方法を
身に着けることが必要です。

 

そして、それはTOYOオンラインのライブ授業で
効率的に学習することができます。

 

もちろん、英語に対する理解が深まるとともに、TOEFLや
SATの得点力も上がります。

 

つまり、一挙両得なのです。

 

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週週末に放送されます。

 

アメリカ時間の金曜、土曜、日曜です。

 

日本時間だと、これは土曜、日曜、月曜になります。

 

もちろん、日本でも視聴することが可能ですが、アメリカ時間の日曜日のクラスは
日本では、月曜日の早朝、午前3時半になってしまうので、ちょっと厳しいかもしれません。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です