実用になる文法は簡単なほど良い

SATの得点を上げるのは簡単です。

 

それは、SATの英語は非常に日常的で基本に忠実な英語だからです。

 

しかし多くの人は、SATを日本の一般受験の英語試験と
重ねて考える傾向があります。

 

SATの英語で、最も出題数が多いのは、接続詞ANDなどに
関する問題です。

 

ANDは日本では、英語を習い始めた中学1年生の1学期で習うので、
簡単であるという誤った認識があります。

 

ANDだけでなく、SATで頻出する文法事項は、
驚くほど単純で簡単な内容です。

 

実は、このようなANDなどの文法事項が簡単であるという認識は、
日本の受験英語の弊害です。

 

中学1年生で習う英語内容は、非常に根本的なものです。

 

それゆえ、いろいろな英語表現に密接に関連をします。

 

つまり、実際の英語使用では、最も多用され、重要な表現なのです。

 

SATの読解問題の基本は、そのような基本知識の
集積で成り立っています。

 

したがって、綿密で正確な文章理解には、一般受験の英語に必要な
煩雑で例外的な英語用法は不必要です。

 

基本事項をしっかりと身に着け、柔軟に運用できるように練習すれば、
誰でもSATでの高得点を実現できます。

 

TOYOオンラインで習う最初の文法事項は、構造分析です。

 

これは、TOYOオンラインの長年の経験から生まれた、
簡単で有効に文章の基幹を明確に理解するためのツールです。

 

もちろん、他ではこのような技術は教えませんから、
どの受講者も始めは戸惑います。

 

しかし、よく見ると簡単で効率的な理由で、
すぐに技術をマスターします。

 

さらに、少数だけれども、多くの文章に適用できるような
文法事項を学習します。

 

TOYOオンラインの方針は、少なく覚えて、
広く活用するというものです。

 

ゆえに、独特な用法の名前がついています。

 

たとえば、その一つに、文頭の動詞を含まない部分、
というのがあります。

 

これは、文字通り主文より前にある説明部の名前です。

 

TOYOの文法用語は、実際の形を簡単に見分けられるような
名前になっています。

 

この文頭の動詞を含まない部分、文頭の説明部の正しい使い方も、
日本の英文法では学習しません。

 

もちろん、その理由は、あまりにも簡単すぎて、入試という
合否を分けるための試験には使えないからです。

 

しかし、実際の英語使用で、一番重要なのは、このような
簡単な語法なのです。

 

TOYOオンラインで学ぶ英語は、このように、
難しいものではありません。

 

しかし、そのような基本知識がないと、実際の英語使用において、
正しく簡潔な使用や理解ができません。

 

ただ、文法自体は少なく簡単なのですが、英文の変化は無数ですから、
幅広い文章に当たり、その場その場で柔軟に使用する応用力を
鍛えることが重要です。

 

TOYOオンラインで初めに学ぶのは基本力の構築です。

 

少し自分の英語力に自信がある人は、基本をおろそかにしがちです。

 

実は、この堅固な基本力の構築がなければ、のちに起こる力の爆発が起こりません。

 

ですから、現在の自分の力を過信しないでください。

 

本当の力の伸びを表面化するには時間がかかりますので、この夏休みを無駄にせず、
TOYOオンラインの授業に一日も早く参加することをお勧めします。

 

SATが難しいというような先入観を持つことはありません。

 

正しい対策法をとれば、段階的に力をつけられるので、
思ったより簡単に実力が改善できます。

 

なによりも重要なのはTOEFLやSAT対策は、思いのほか時間がかかるので、
できるだけ早い時期から対策を開始することをお勧めします。

 

10年生になれば、実際のSATを受けることを含め、
正しい対策を開始してください。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず英語力が伸び得点は上がります。

 

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

 

特に対策を開始して3カ月から6カ月程度は、著しい進歩は見えないのが普通です。

 

実はそれが問題で、学習法の正誤に関わらず、この期間は
それが有効かどうかが判断できません。

 

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

 

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの
対策クラスなどを利用することをお勧めします。
http://www.toyo-online.com/体験受講のお申し込み/ 

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週週末に放送されます。

 

アメリカ時間の金曜、土曜、日曜です。

 

日本時間だと、これは土曜、日曜、月曜になります。

 

もちろん、日本でも視聴することが可能ですが、アメリカ時間の日曜日のクラスは
日本では、月曜日の早朝、午前3時半になってしまうので、ちょっと厳しいかもしれません。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です