SATの点数がキャンセルされた

TOEFLやSATなど、英語学習に欠かせないのは、単語力の構築です。

 

もちろん、読解やエッセイなどに単語力が必要なのは当然ですが、
見落とされているのはリスニングです。

 

SATではリスニングの試験はありませんが、TOEFLのリスニングで
点が伸びなくて悩んでいる人は、たいてい単語力の不足です。

 

日常の買い物などの会話などで、使用される単語は限定されています。

 

したがって、普通の生活をしているだけでは、
強力なリスニング力はつきません。

 

自分が相手に伝えたいことは、自分の中にある単語を組み合わせれば、
なんとかなります。

 

しかし、相手の言う言葉が自分の語彙力以外のものだったら、
その部分は空白になって相手の真意が理解できなくなります。

 

つまり、他人と英語を介して共通理解をしようとすれば、その他人の使用する
範囲と同じかそれ以上の語彙力がなければ、会話は成立しません。

 

もちろん、挨拶程度の会話なら良いのですが、本当に相手のことを
理解しようとすれば、一字一句を明確に理解しなければなりません。

 

そのような単語力は、短期間に自然に身につくものではなく、
努力して単語覚えをすることが必要です。

 

単語は、それを使用する環境や職種により、大きな幅があるます。

 

しかし、学生として必要な単語は、TOEFLやSATの
単語対策を通して、十分な量が得られます。

 

もちろん、お勧めはTOYOオンラインの単語リストを通して、
単語を覚えることです。

 

ただ、単語力は個人差が大きいので、単語リスト以外にも、あらゆる状況で
出くわす単語を丹念に覚えていくことも大切です。

 

TOYOオンラインの単語学習で使用する単語リストは
レベル別に4段階に分類しています。

 

総数は3500語です。これらの単語を覚えてしまえば、
ほとんどの状況で困らなくなります。

 

3500語というと、確かに多いように思います。

 

しかし、1日25語ずつ覚えていけば、約半年で済む分量です。

 

単語覚えは、一種の慣れです。ですから、最初は1日5語しか覚えられなくても、
慣れてくると、どんどん覚えることが苦痛でなくなります。

 

たしかに一人で単語覚えをするのは、大変です。

 

しかし、赤信号みんなで渡れば怖くない、などというのと同じで、
TOYOオンラインのライブ授業で一緒に学習すれば、自分が
思うよりも単語覚えは苦痛ではなくなるのです。

 

TOYOオンラインの単語学習の、使用前と使用後では、
自分でも驚くほどの差がでます。

 

それまでは、分かっていたと思い込んでいた、他人の言葉が
明確に理解できるようになります。

 

当然、読解力の増進にも大きく影響しますので、SATの読解で
困っていた人なども、得点が異常にアップするので、驚くでしょう。

 

実は、SATでは、前回受験と比較して、得点が大きく上がってしまうと、
自動的にその回の受験結果がキャンセルされてしまいます。

 

TOYOオンラインの受講生は前回の受験より大きく点が上がりすぎ、
試験結果がキャンセルになった人が沢山います。

 

これは喜んでいいのか、悲しんでいいのか、少し複雑な問題ですね。

 

自分の英語力を改善するには、時間がかかります。

 

聞いているだけで、英語ができるというような宣伝がありますが、
現実はそんな甘いものではありません。

 

帰国子女として恥じることのない、強力な英語力を体得するには、
時間と努力が必要です。

 

現実をしっかりと踏まえて、着実に英語力を上げることが可能な、
TOYOオンラインの英語力改善法を、自分の目で見てください。

 

TOYOオンラインで初めに学ぶのは基本力の構築です。

 

少し自分の英語力に自信がある人は、基本をおろそかにしがちです。

 

実は、この堅固な基本力の構築がなければ、のちに起こる力の爆発が起こりません。

 

ですから、現在の自分の力を過信しないでください。

 

本当の力の伸びを表面化するには時間がかかりますので、この夏休みを無駄にせず、
TOYOオンラインの授業に一日も早く参加することをお勧めします。

 

SATが難しいというような先入観を持つことはありません。

 

正しい対策法をとれば、段階的に力をつけられるので、
思ったより簡単に実力が改善できます。

 

なによりも重要なのはTOEFLやSAT対策は、思いのほか時間がかかるので、
できるだけ早い時期から対策を開始することをお勧めします。

 

10年生になれば、実際のSATを受けることを含め、
正しい対策を開始してください。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず英語力が伸び得点は上がります。

 

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

 

特に対策を開始して3カ月から6カ月程度は、著しい進歩は見えないのが普通です。

 

実はそれが問題で、学習法の正誤に関わらず、この期間は
それが有効かどうかが判断できません。

 

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

 

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの
対策クラスなどを利用することをお勧めします。
http://www.toyo-online.com/体験受講のお申し込み/ 

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週週末に放送されます。

 

アメリカ時間の金曜、土曜、日曜です。

 

日本時間だと、これは土曜、日曜、月曜になります。

 

もちろん、日本でも視聴することが可能ですが、アメリカ時間の日曜日のクラスは
日本では、月曜日の早朝、午前3時半になってしまうので、ちょっと厳しいかもしれません。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です