あなたの読解法は間違っています

読解問題を解くとき、確かな理由は分からないが、
一種の勘で答えを選んでいる人がほとんどです。

 

とりあえず、本文に眼を通し、それらしい答えを
選ぶというやり方です。

 

問題点は、全問正解ではなく、必ず何問かを
間違ってしまうことです。

 

これは特に日本の国語が得意な人に多い傾向と言えます。

 

日本の国語の文章は情緒を感覚で理解するようなものが多いので、
読解法も印象を受け取るような読解法になります。

 

日本語は論理的というより感情的ですから、
それも仕方ないのです。

 

たとえば、日本語では、あるが無い、というような
言い方ができます。

 

しかし、論理的な英語では奇妙な表現になってしまいます。

 

感覚的な読解法を行っている人が、論理的な読解法に転換するには
比較的時間がかかります。

 

自分のクセを直すのには、まず、自分のクセを
自覚しなくてはなりません。

 

体の動きのクセなら目で見えますが、頭の中でのクセは見えません。

 

ですから、自分の思考法に特定のクセがあることを
自覚できることが転換の第一歩です。

 

英語は論理的な言語ですから、因果関係がはっきりしています。

 

つまり、感覚的に答えるような問題は少なく、ほとんどの問題は
明確な答えが導きだせます。

 

これは、どちらかというと数学の問題のようなもので、
したがって正しい答え方というものが存在します。

 

数学の問題を読むとき、何を求めるかを判断します。

 

割合なのか平均なのか、どのような数字や式を求めるかが分からないと
正解を導き出せません。

 

したがって、数学の問題文を読んで、その目的が明確に判断できることが
数学問題正解の第一歩です。

 

これと同様に英語読解問題でも、設問の意図が
理解できなければなりません。

 

各設問は本文内容に応じて作られ、印象で答えを選ぶ問題設計
というのはありません。

 

もし、印象で答えが決まれば人によって正解が異なる可能性があるので、
そのような問題制作は出来ないのです。

 

この意味で、読解問題を解く際は設問から目を通す、
というやり方は間違いです。

 

まず、SATのような長い読解問題では、最初に10問以上もある
設問に眼を通しても、本文を読んでいるうちに忘れてしまうからです。

 

さらに、本文と設問の因果関係を明確に理解するには、
本文の正確な理解が最優先されるからです。

 

つまり、読解問題は、まず、しっかりと本文理解を行うように
心がけてください。

 

本文をしっかりと正確に読み取る練習は、TOYOオンラインの
ライブ授業をお試しください。

 

毎週の授業では、読解の速読ではなく、逆に遅読み練習をしています。

 

文章をできるだけ丹念に読み理解するには、時間を使いゆっくりと進めることが、
逆に読解力を速く上げる秘訣なのです。

 

SATが難しいというような先入観を持つことはありません。

 

正しい対策法をとれば、段階的に力をつけられるので、
思ったより簡単に実力が改善できます。

 

なによりも重要なのはTOEFLやSAT対策は、思いのほか時間がかかるので、
できるだけ早い時期から対策を開始することをお勧めします。

 

10年生になれば、実際のSATを受けることを含め、
正しい対策を開始してください。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず英語力が伸び得点は上がります。

 

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

 

特に対策を開始して3カ月から6カ月程度は、著しい進歩は見えないのが普通です。

 

実はそれが問題で、学習法の正誤に関わらず、この期間は
それが有効かどうかが判断できません。

 

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

 

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの
対策クラスなどを利用することをお勧めします。
http://www.toyo-online.com/体験受講のお申し込み/ 

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週週末に放送されます。

 

アメリカ時間の金曜、土曜、日曜です。

 

日本時間だと、これは土曜、日曜、月曜になります。

 

もちろん、日本でも視聴することが可能ですが、アメリカ時間の日曜日のクラスは
日本では、月曜日の早朝、午前3時半になってしまうので、ちょっと厳しいかもしれません。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です