例文作りは単語理解には不向きです

日本から現地に来て間もない人が、英文の読解が苦手であるというのは普通です。

 

なんといっても、英単語力が不足しているので文意がつかめないのです。

 

もちろん、一番最初にしなければならないのは単語力の増強です。

 

しかし、ある程度の単語を覚えても、読解に関しては
比例して読解力が上がる訳ではありません。

 

英文を見ても、それぞれの単語の関連で、どのような意味を表しているかを
理解するのには、それらの単語の総合的な意味を瞬時にとらえる必要があります。

 

しかし、一旦覚えた英単語が、すでに自分の中にある日本語の意味と
直接連結しなければ、英語の意味は理解できません。

 

仮に、犬が走っている、という英文を見て、それが自分の頭にある日本語と
同じ意味であることが瞬時に結合しなければ、当然、読解速度は遅くなります。

 

したがって、英文読解に熟達するには、いろいろな英語表現にあたって、
既存の日本語と同様であることを確認する作業が必要になります。

 

そこで、覚えた単語を使って例文を作成するという試みがあります。

 

英単語の用法を確認するために行われるのですが、欠点は
時間がかかり過ぎるという問題です。

 

さらに、その単語は往々にして、日本語の辞書には異なる意味が
記載されていることです。

 

Pedestrianは、日本語の辞書を見ると、一義的には歩行者の意味です。

 

しかし、これには別な記載があって、平凡なという意味があります。

 

もし、この別な意味の記載に気づかなければ、
文意が理解できない場合が起こります。

 

つまり、英単語の例文を作る作業は、その単語の
全容を理解できないことが多いのです。

 

このような例文作成の欠陥を補うのは、多くの文を読み、その中で
英単語がどのように使用されているかを確認する作業です。

 

ですから、よく沢山の本を読みなさいというアドバイスがされます。

 

もちろん、これには一理があるのですが、もともと単語力が
欠如しているのですから、読解作業は遅々として進みません。

 

現地滞在に10年以上の予定がある場合は、それでも良いのですが、
比較的短い時間で英文読解が満足にできるようになるには、
別な方法が必要です。

 

帰国大学受験で難関大に進学するには、TOEFLやSATで高得点を挙げ、
高度な英語力を提示することが必要です。

 

そこで、分厚い英語の本を読むのではなく、必要な短文を
解析していくことをお勧めします。

 

英語理解には文法や文の構造理解が不可欠です。

 

そこで、SATなどで出題される短い文法問題などを使用して、
文法と同時に単語力も磨いていくのです。

 

短期間で十分な英語力をつけるには、いろいろな知識や処理法を
複合的に学ぶことが必要です。

 

幸いなことに、SATの文法問題は正しい文法知識を身につければ、
滞在が短い人でも満点が取れるようになります。

 

同時に読解練習をすれば、比較的短時間で読解力も伸ばすことが可能です。

 

そして、そのような練習ができるのがTOYOオンラインの
ライブ授業と通信添削授業です。

 

TOYOオンラインの授業が他と異なるのは、日本語と英語の
成り立ちの違いを踏まえて指導方針を設定していることです。

 

アメリカ人などの英語を母語とする先生にSATなどの指導を任せている人は、
先生自体がこのような日本語と英語思考の差が分からないので、
効果的な指導が出来ません。

 

英語を短期間にマスターすることに必要な根本的な問題点を踏まえて、
適切な指導ができるのは、世界中でもTOYOオンラインしかないのです。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず英語力が伸び得点は上がります。

 

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

 

特に対策を開始して3カ月から6カ月程度は、著しい進歩は見えないのが普通です。

 

実はそれが問題で、学習法の正誤に関わらず、この期間は
それが有効かどうかが判断できません。

 

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間がムダになってしまい、
受験失敗に結び付くことになってしまいます。

 

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの
対策クラスなどを利用することをお勧めします。
http://www.toyo-online.com/体験受講のお申し込み/ 

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週週末に放送されます。

 

アメリカ時間の金曜、土曜、日曜です。

 

日本時間だと、これは土曜、日曜、月曜になります。

 

もちろん、日本でも視聴することが可能ですが、アメリカ時間の日曜日のクラスは
日本では、月曜日の早朝、午前3時半になってしまうので、ちょっと厳しいかもしれません。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です