速読を可能にする遅読み

読解力増強は、英語力をつけるための究極の目的です。

 

読解は文を読んで理解する作業ですが、それには複雑な要素が混合しています。

 

読解力はある作業をしたら、一挙に上がるものではなく、
段階を経て上昇していきます。

 

まず、実際の読解の段階を考えてみましょう。

 

何かを読む時は、最初に文を目視します。

 

その際、そこにある単語を見て、その意味が判別できることが第一段階です。

 

文章は単語の集まりですから、それらの単語の関連で
一つの文の意味を理解します。

 

さらに、その文につながる他の文とが、総合的に
どのような意味になるかを理解します。

 

このようにして、文章全体の意味を把握するわけですが、それぞれの段階で脳内で、
単語や文意が明確にならないと読解ができません。

 

読解力のある人は、これらの作業を無意識に行い、総合的な意味を
脳内にある過去の経験と結びつけます。

 

したがって、脳内にそのような関連する経験がなければ、
文意は明確にはなりません。

 

つまり、単語力をつけ、文法や文の構造に習熟しても、
英文の示す概念が把握できない場合があります。

 

それは、日本語としての経験値があっても、
英語的な経験が少ない場合に起こります。

 

極端な場合は、イディオムのようなもので、慣習的な英語表現は、
その構成単語とは違う意味を示します。

 

英文読解が十分にできるようになるには、そのような
慣用的な表現法に慣れることも必要です。

 

例えば、walking on the edgeという表現があります。

 

それぞれの単語の意味が分かっても、全体としての意味が、自分の中の
過去に経験と対応しなければ、文意が正確に反映されません。

 

縁を歩く、という直訳ですが、これはギリギリのどころにいる、
というような不安定な感覚を脳内で得られなければ
英語としての意味が自分の中で理解できません。

 

つまり、英語の個々の単語の意味だけでなく、それがどのような
感覚やイメージを英語が伝えたいかが理解できて、初めて読解ができます。

 

必然的に、強力な読解力をつけるには、それに相応する
単語力や文法力の他に、英語としての表現と
それに呼応する脳内の経験とを結合する練習が必要です。

 

ですから、十分な読解力をつけるには時間がかかります。

 

単語を覚えるにしても時間が必要です。

 

単語は、一旦、意味を覚えるだけでなく、他の語との関連で
どのような派生的な意味が出るかも理解する必要があります。

 

これをTOYOオンラインでは、単語の顔が見えるようになると呼んでいます。

 

TOYOオンラインの読解練習は、できるでけ丹念に
文章を読む、遅読みを練習します。

 

速読は、単に眼を早く動かすことではなく、文意が正確に理解できて、
初めて可能になります。

 

したがって、まずはじめは文章の完全理解と文章表現に
親しみを持つことが重要なのです。

 

速読法を最短距離でマスターするのは、実はこの文章を遅く読むという、
遅読み練習で可能になるのです。

 

また、TOYOオンラインのライブ授業では、実際の英語運用に
必要な文法を学習しています。

 

しかし、そのような文法の基本事項は、ごく少なく、せいぜい10個程度です。

 

前出のANDなどの用法も、もちろんその一つです。

 

そして、このような基本文法を、いろんな文章の中で、どのように適用するかを
ケースバイケースで学習します。

 

つまり、実際の英語運用に必要な文法は、基本事項は少なくても、それを
どのように使うかの用例研究が重要なのです。

 

SATやTOEFLの英語で満点を取るには、多くの問題にあたって、
練習する必要があります。

 

これには、過去20年以上にわたって文法問題の蓄積がある
TOYOオンラインのライブ授業、通信添削授業が最適です。

 

さらに、SAT問題の根幹をしっかりと認識し、それを指導に応用している対策は、
TOYOオンラインしかありません。

 

SATで高得点を目指す人は、是非、ホームページから無料体験授業をお申込みください。

 

少しだけ早く対策を開始していれば、慶応などに合格ができるのに、
みすみす人生で最重要といっても良い試験に失敗するのは馬鹿げています。

 

帰国大学受験は一般受験とは違います。

 

受験生数が極端に少ないため、通常の一般受験よりも1ランク、2ランク上の
大学に合格することができます。

 

ただ、それには必要な英語力を提示することが必要ですから、
対策期間が不足するような事態に陥らないようにしましょう。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず英語力が伸び得点は上がります。

 

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

 

特に対策を開始して3カ月から6カ月程度は、著しい進歩は
見えないのが普通です。

 

実はそれが問題で、学習法の正誤に関わらず、この期間はそれが
有効かどうかが判断できません。

 

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間が
ムダになってしまい、受験失敗に結び付くことになってしまいます。

 

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの
対策クラスなどを利用することをお勧めします。

 

TOEFLやSATのような実用英語の対策には、一般受験の
問題を解くためだけの学習は不適です。

 

自分が英語を使用し、より明確に自分を表現する方法を
身に着けることが必要です。

 

そして、それはTOYOオンラインのライブ授業で効率的に
学習することができます。

 

もちろん、英語に対する理解が深まるとともに、TOEFLやSATの
得点力も上がります。

 

つまり、一挙両得なのです。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週週末に放送されます。

 

アメリカ時間の金曜、土曜、日曜です。

 

日本時間だと、これは土曜、日曜、月曜になります。

 

もちろん、日本でも視聴することが可能ですが、アメリカ時間の日曜日のクラスは
日本では、月曜日の早朝、午前3時半になってしまうので、ちょっと厳しいかもしれません。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です