単語力や文法力をつければアメリカ人に勝てる

SATは難しい英語テストという認識がありますが、実はそうでもありません。

 

確かに長文問題は長く、的を絞った読み方ができないかもしれません。

 

しかし、このような一見難しいテストでも、実際は基本を蓄積することで
十分対処が可能なのです。

 

SATの読解問題は、論理的な文章構成になっています。

 

この論理的というのは、ある一つの意見や見方を規則正しく提示する形のことです。

 

つまり、感覚的に文章を理解しなくても、一種の科学的な読み方で
正解が取れるのです。

 

ですから、もしあなたが数学が比較的得意なら、SATの読解は攻略可能です。

 

SAT英語の基本は単語と文法です。

 

もちろん、単語は積極的に覚える必要があります。

 

よく誤解されているのは、アメリカ人は単語を覚える必要はないと考えることです。

 

実は、SATレベルになると、アメリカ人であれ、日本人であれ、
同様に単語を覚えることが必要なのです。

 

ですから、単語力をつけるという点では、実はアメリカ人と差はないのです。

 

これは文法についても同様です。

 

アメリカの学校では、あまり文法を教えません。

 

これは現地校の先生自体も、文法に詳しくないからです。

 

ですから、きっちりと一から文法を学習すると、その点では日本人の方が
有利になる可能性があります。

 

ただ、一概に英文法といっても、日本の受験英文法は学習しても実際のSATなどには、
まったく効果はないので注意してください。

 

では、実際のSATなどに有効な英文法とはどのようなものでしょうか。

 

その一例はANDやBUTなどの用法です。

 

そういうと、そんな中一レベルの英文法なんて、と思う人もいるでしょう。

 

しかし、実際のSATの文法問題で、最も多く出題されるのが
ANDやBUTに関連する用法なのです。

 

意外でしょう!?

 

つまり、これが日本の受験英文法と実際の英語運用に関する文法の違いなのです。

 

日本では、無数の英語文章例を覚えさせられます。

 

もちろん、それは日本の受験に対応するためだからです。

 

日本の受験問題、特に難問と言われるものは、過去に使用されたような
特殊な英語用法を多用します。

 

このような用例は、一般的な英語使用では稀ですから、必然的にSATなどのような
実際の運用法をテストする問題では出題されないのです。

 

TOYOオンラインのライブ授業では、実際の英語運用に必要な文法を学習しています。

 

しかし、そのような文法の基本事項は、ごく少なく、せいぜい10個程度です。

 

前出のANDなどの用法も、もちろんその一つです。

 

そして、このような基本文法を、いろんな文章の中で、どのように適用するかを
ケースバイケースで学習します。

 

つまり、実際の英語運用に必要な文法は、基本事項は少なくても、それを
どのように使うかの用例研究が重要なのです。

 

SATやTOEFLの英語で満点を取るには、多くの問題にあたって、
練習する必要があります。

 

これには、過去20年以上にわたって文法問題の蓄積がある
TOYOオンラインのライブ授業、通信添削授業が最適です。

 

さらに、SAT問題の根幹をしっかりと認識し、それを指導に応用している対策は、
TOYOオンラインしかありません。

 

SATで高得点を目指す人は、是非、ホームページから無料体験授業をお申込みください。

 

少しだけ早く対策を開始していれば、慶応などに合格ができるのに、
みすみす人生で最重要といっても良い試験に失敗するのは馬鹿げています。

 

帰国大学受験は一般受験とは違います。

 

受験生数が極端に少ないため、通常の一般受験よりも1ランク、2ランク上の
大学に合格することができます。

 

ただ、それには必要な英語力を提示することが必要ですから、
対策期間が不足するような事態に陥らないようにしましょう。

 

正しいSAT対策をすれば、必ず英語力が伸び得点は上がります。

 

しかし、この得点の伸びは一様ではありません。

 

特に対策を開始して3カ月から6カ月程度は、著しい進歩は
見えないのが普通です。

 

実はそれが問題で、学習法の正誤に関わらず、この期間はそれが
有効かどうかが判断できません。

 

誤った学習法の場合は、それ以後も点数が伸びず、結局は時間が
ムダになってしまい、受験失敗に結び付くことになってしまいます。

 

ですから、最初から正しい学習法を提供できるTOYOオンラインの
対策クラスなどを利用することをお勧めします。

 

TOEFLやSATのような実用英語の対策には、一般受験の
問題を解くためだけの学習は不適です。

 

自分が英語を使用し、より明確に自分を表現する方法を
身に着けることが必要です。

 

そして、それはTOYOオンラインのライブ授業で効率的に
学習することができます。

 

もちろん、英語に対する理解が深まるとともに、TOEFLやSATの
得点力も上がります。

 

つまり、一挙両得なのです。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週週末に放送されます。

 

アメリカ時間の金曜、土曜、日曜です。

 

日本時間だと、これは土曜、日曜、月曜になります。

 

もちろん、日本でも視聴することが可能ですが、アメリカ時間の日曜日のクラスは
日本では、月曜日の早朝、午前3時半になってしまうので、ちょっと厳しいかもしれません。

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる文法力がなければ
正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です