接続詞の役割

通信講座にご興味がある方、LA近郊、TorranceにあるTOYOへの通塾にご興味がある方は、こちらから体験受講をお申し込み下さい。

 

こんにちはTOYOの松村です。

 

英文を理解する際に重要なのは、基本的な文の構造を理解することです。

 

英文には単文、重文、複文の3種類があります。

 

単文は、その中に一組の主語、動詞がある一番簡単な構造の文です。

 

重文は主語、動詞の組が2つ以上あり、それらがAND、BUT、
ORなどの等位接続詞で接続されている文です。

 

複文は重文同様、複数の主語、動詞の組がありますが、それらをつなぐのが、
THATやWHICHなどの従位接続詞でつながれている文です。

 

つまり、接続詞というのは、基本的には文をつなぐものなのですが、
重文の場合のAND、BUT、ORの場合は、文だけでなく、
語句をつなぐこともあります。

 

そのため、接続詞というもの全体が、ANDやBUTのように語句も
つなぐことができるように誤解している人がいます。

 

これが、接続詞全体の理解を妨げている場合が多いのです。

 

まず第一に、接続詞というのは、文と文をつなぐものであるということを、
明確に理解することが重要です。

 

多くの英文は重文や複文構造になっているのが普通です。

 

その際、文と文をつなぐ接続詞がなければなりません。

 

もし、文の数に対し、接続詞が不足していると、文が正しく接続されていず、
このような文をフラグメント(Sentence Fragment)と言い、
致命的な誤りとなります。

 

つまり、英文を理解する場合、このような文のつながりを
明確に理解することが必要です。

 

特に複文の場合は、主文と従文に分かれ、その中でも文の中心である主文を
指摘し理解することが正確に文全体を理解するために重要です。

 

もし、この主文と従文の差が理解できなければ、
文全体を誤って理解することになります。

 

長文、短文に関わらず、一つ一つの文を正確に理解できなければ、
当然、全体の理解が妨げられます。

 

加えて、それぞれの文に省略や倒置などの変形がある場合、
文章理解は非常に皮相的なものになってしまいます。

 

読解が苦手な人は、このような基本理解が欠けている場合が多く見られます。

 

したがって、そのような場合は、まず、基本に帰って
文の基本的なつながりを正確に理解する練習をすることが必要です。

 

このような練習は、まず、それぞれの品詞の役割を
しっかりと理解することが大切です。

 

それを踏まえ、文章の構造を分解し、どのような
連結になっているかを考えてください。

 

そして、その基本技術がTOYOオンラインの
ライブ授業で練習している構造分析の技術です。

 

構造分析は、英文を正確に理解するための基本技術です。

 

もちろん、基本は非常に簡単なのですが、これが無意識のうちに
活用できるようになるには、時間がかかります。

 

スポーツと同様、基本フォームを覚えても、それが実際の試合で
活用できるようになるには、長期間の反復練習が必要です。

 

しかし、そのような技術が、しっかりと身につけば、読解力は
飛躍的に向上すること、請け合いです。

 

正しい英語を追求するSATの英語では、この基本規則の運用、
SATの文法をしっかりと身につけることが大切です。

 

そして、その基本が構造分析の技術です。

 

また、一つ一つの単語の意味だけでなく、文中での用法から品詞に
分類するための知識の蓄積が欠かせません。

 

そして、それらを効率的に学習できるのがTOYOオンラインのライブ授業です。

 

簡単に言うとSATの高得点を達成するための最速の方法が、
TOYOオンラインのライブ授業と通信添削授業であるといえます。

 

構造分析の基本は非常に簡単です。

 

TOYOオンラインのライブ授業を1、2回受講すれば、簡単に習得できます。

 

ただ、これに習熟するには、時間がかかります。

 

文を見たとき瞬間に構造を見極めることができるまでには、いろいろな文章にあたり、
構造分析を実際に使うことが必要です。

 

しかし、その結果は、飛躍的な読解力の向上、さらにはTOEFLやSATの
得点アップに直結します。

 

TOEFLやSATのような実用英語の対策には、
一般受験の問題を解くためだけの学習は不適です。

 

自分が英語を使用し、より明確に自分を表現する方法を
身に着けることが必要です。

 

そして、それはTOYOオンラインのライブ授業で効率的に
学習することができます。

 

もちろん、英語に対する理解が深まるとともに、TOEFLやSATの
得点力も上がります。

 

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる
文法力がなければ正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です