1文を大切にしよう

通信講座にご興味がある方、LA近郊、TorranceにあるTOYOへの通塾にご興味がある方は、こちらから体験受講をお申し込み下さい。

 

こんにちはTOYOの松村です。

 

英文を読むとき、ほとんどの場合はざっと目を通して、
全体の意味を理解します。

 

特に英語がある程度できるようになると、細かい部分というよりは、
全体の大まかな意味を読みとるようになります。

 

あまり重要でない文書は、それでもまったく問題は起こりません。

 

しかし、重要な書類を読むときは、普通はじっくりと文に目を通します。

 

法律や契約にかかわる文書で、読み違いをしたままだと、
あとでとんでもない問題が起こります。

 

たとえば、車の運転には運転免許を取得しなければなりません。

 

道路交通法を知らないと、交通違反で罰金を取られてしまいます。

 

日本では鉄道線路を横断する際は、一旦停止が必要ですが、
それを知らないと交通違反となってしまいます。

 

このような法律の文は厳格で、細かい規制があります。

 

このような文を読むときは、小説を読む際とは異なる文書の読み方をします。

 

英文でも同様で、おおざっぱに文を読んでも問題がない場合と、
そうでない場合があります。

 

帰国受験で必要なSATで出題されるような文は、後者の場合で、
1文ずつを注意深く読んでいく必要があります。

 

もちろん、SATの出題文も簡単に読み、一種の勘で答えを選んでも
正解が取れる場合もあります。

 

長期滞在者の場合は、一般にこのような勘を駆使して
ほぼ全問正解を取る人もあります。

 

しかし、これは非常に少ないケースで、このような人は、それ以前に
いろいろな英文に多く触れ、知らないうちに正しい文の読み方を
マスターしてきた人ですから、誰にでもあてはまるわけではありません。

 

一般的に、厳密な文の読み方が必要なSATのような文を読み取るときは、
文章の構造をしっかりと把握ことが大切です。

 

特に1文が非常に長く複雑に接続されているような文は要注意です。

 

このような文に対しては、ゆっくりとその構造を分析して、
その文の真意を見極めることをお勧めします。

 

そして、それに有効なのが構造分析の技術です。

 

人間には思い込みというやっかいなものがあります。

 

ひねりのある文を読むとき、最初の方で述べていることと、
最後の方で述べている内容が反転するようなものがあります。

 

思い込みが激しいと、最初の方の印象で、その文の
全体の意味を仮想してしまいます。

 

当然、このような場合は、文の真意を誤読するわけですから、
それに関する設問でも正解が取れなくなってしまいます。

 

これが、飛ばし読み、です。

 

飛ばし読みを矯正し、確実に文を読み取るためには、
構造分析が自在に使用できるような練習が必要です。

 

練習では、できるだけ時間をかけ、1文ずつを
大切に扱うようにしてください。

 

そして、無意識のうちに文の構造が分析できるようになれば、
もう一安心です。もちろん、

 

このような練習はTOYOオンラインのライブ授業で毎週可能です。

 

基本的な文章構造の知識はTOYOオンラインのライブ授業と
通信添削授業でマスターすることができます。

 

TOYOオンラインのライブ授業では、単語、文法、読解を基本に
知識を蓄積させていきます。

 

そして、SATやTOEFLの問題を解くための総合力を上げていきますので、
一定期間の学習後には、かなりの得点改善が可能になります。

 

たとえば、最初に受けたSATの点数が1000点程度であるとしましょう。

 

もちろん、学習期間にもよりますが、そこから点数を
300点アップすることが可能です。

 

もちろん、これは、単語力の増強、文法力の蓄積、さらに読解力の改善が必要ですから、
インスタントではできませんので、十分な対策期間を予定してください。

 

しかし、力は着実に改善しますので、短期であっても
ある程度の得点アップが可能になります。

 

TOEFLやSATのような実用英語の対策には、
一般受験の問題を解くためだけの学習は不適です。

 

自分が英語を使用し、より明確に自分を表現する方法を
身に着けることが必要です。

 

そして、それはTOYOオンラインのライブ授業で効率的に
学習することができます。

 

もちろん、英語に対する理解が深まるとともに、TOEFLやSATの
得点力も上がります。

 

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる
文法力がなければ正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

 

日本で受ける当日試験の対策には、東京の代々木にある
代ゼミ国際教育センターがお勧めです。

 

代々木ゼミナール国際教育センター主催の北米説明会は
全米主要地で開催されます。

 

11月5日ニューヨーク、
11月7日コロンバス、
11月8日シカゴ、
11月10日サンフランシスコ、
11月12日ロサンゼルス
という予定になっています。

 

詳細・お申し込みは、http://www.toyo-online.com からどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です