リスニングを上達させる

通信講座にご興味がある方、LA近郊、TorranceにあるTOYOへの通塾にご興味がある方は、こちらから体験受講をお申し込み下さい。

 

こんにちはTOYOの松村です。

 

帰国受験で上位大学に合格するカギは、帰国子女の示す英語力です。

 

私立難関大、国立難関大ともに高度な英語力の提示がなければ、
合格は非常に厳しくなります。

 

その英語力レベルは当然一般受験生のものより
顕著なものでなければなりません。

 

たとえば、日本の一般受験生の場合、英検1級なら
非常に高い評価を得られます。

 

ただ、通常の受験では、当日試験の結果で合否が決まりますので、
受験のために英検1級にチャレンジする人は、ごく少数です。

 

しかし、帰国受験の場合は、書類で提示する英語力が合否のカギを握るので、
このようなテストの結果が重要になります。

 

もちろん、帰国受験では英検の結果を出願に使用できる大学は
ごく少数ですから、SATやTOEFLの点数になります。

 

SATとTOEFLは同じ英語試験といっても、その性格は異なります。

 

SATは正式な英語使用の試験であるに対し、TOEFLは
日常使用する英語が中心になっています。

 

したがって、生活で使用される慣用句などの正式な文書では使用しない
日常語の知識も含まれます。

 

そして、SATに無いもう一つの試験がリスニングの試験です。

 

SATの場合は、通常のアメリカの高校生を対象にした試験ですので、
当然受験生は日常的に英語を話していることが仮定されています。

 

しかし、TOEFLの受験生は外国からの留学生ですので、他の学生などと
コミュニケーションができることが求められます。

 

そこで、TOEFL試験にはリスニングテストが含まれているわけです。

 

リスニングテストの得点を改善するには、話される英語が
正確に聞き取れることが必要です。

 

もちろん、それには話される単語や成句の理解が必要です。

 

TOEFLのリスニングテストでは、その対象を留学生にしぼっていますので、
留学生が直面する学校や日常生活で必要な会話に使用される単語や文章に限定されています。

 

TOEFLのリスニングテストは単語テストではありませんから、
話される英文を聞きとれねばなりません。

 

日本語同様、英語も句読点で句切られた一かたまりの語句で区切られています。

 

ですから、実際の聞き取りは、この語句のかたまりが正確に聞き取れ、
理解できることが基本です。

 

TOEFLのリスニングテストの対策は、まず単語や成句を覚えてください。

 

さらに単語関係の知識では、いわゆる慣用句といわれる
イディオムやことわざを覚えることも必要です。

 

注意しなければならないのは、正式な英語使用のテストであるSATでは、
イディオムのような表現は一般的には登場しません。

 

ですから、TOEFL対策では、特にこのような日常表現も集中的に覚えてください。

 

単語覚えと同様に重要なのは、文の構造が理解できる力が必要です。

 

英語は、単なる単語のつながりでなく、数個の単語で構成される
意味のかたまりの理解といっても過言ではありません。

 

このような一呼吸で発音される文節は、個々の単語で総合される
意味全体を理解しなくてはなりません。

 

もちろん、その根底にあるのは個々の単語ですから、ここでも単語の意味や
発音に精通することが必要です。

 

基本的な文章構造の知識はTOYOオンラインのライブ授業と
通信添削授業でマスターすることができます。

 

TOYOオンラインのライブ授業では、単語、文法、読解を基本に
知識を蓄積させていきます。

 

そして、SATやTOEFLの問題を解くための総合力を上げていきますので、
一定期間の学習後には、かなりの得点改善が可能になります。

 

たとえば、最初に受けたSATの点数が1000点程度であるとしましょう。

 

もちろん、学習期間にもよりますが、そこから点数を
300点アップすることが可能です。

 

もちろん、これは、単語力の増強、文法力の蓄積、さらに読解力の改善が必要ですから、
インスタントではできませんので、十分な対策期間を予定してください。

 

しかし、力は着実に改善しますので、短期であっても
ある程度の得点アップが可能になります。

 

TOEFLやSATのような実用英語の対策には、
一般受験の問題を解くためだけの学習は不適です。

 

自分が英語を使用し、より明確に自分を表現する方法を
身に着けることが必要です。

 

そして、それはTOYOオンラインのライブ授業で効率的に
学習することができます。

 

もちろん、英語に対する理解が深まるとともに、TOEFLやSATの
得点力も上がります。

 

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる
文法力がなければ正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

 

日本で受ける当日試験の対策には、東京の代々木にある
代ゼミ国際教育センターがお勧めです。

 

代々木ゼミナール国際教育センター主催の北米説明会は
全米主要地で開催されます。

 

11月5日ニューヨーク、
11月7日コロンバス、
11月8日シカゴ、
11月10日サンフランシスコ、
11月12日ロサンゼルス
という予定になっています。

 

詳細・お申し込みは、http://www.toyo-online.com からどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です