TOEFLとSATは試験内容が違う

通信講座にご興味がある方、LA近郊、TorranceにあるTOYOへの通塾にご興味がある方は、こちらから体験受講をお申し込み下さい。

 

こんにちはTOYOの松村です。

 

品詞分類というと、そこはやはり辞書を見て、そこに記載されている
品詞と分類するのが普通です。

 

辞書に前置詞と書いてあれば、これは前置詞だと分類するわけです。

 

しかし、実際の英文中で使用される場合は、辞書に記載されている
品詞の通りにはなっていません。

 

前置詞の中には接続詞として使用できるものもあります。

 

たとえばforは通常は前置詞ですが、接続詞としても使用可能です。

 

この見分けは、その後ろにどのような言葉が続くかです。

 

Forの後ろに主語と動詞があれば、このforは接続詞として使われ、
その意味はbecauseと同じで原因や理由を示します。

 

逆に、後ろに主語動詞がなく、名詞があれば、それは前置詞です。

 

前置詞なのか、接続詞なのか、はたまた、副詞なのかなどと、
そんなに細かいことなんか気にする必要があるのかと
疑問を持つ人が多いと思います。

 

日常的な会話などでは、そんな詳細は不必要です。

 

しかし、厳密な文書を分析する場合、このような知識が必要になります。

 

そして、SATの英語は、そのような厳密な英語使用に関する試験ですから、
一般生活では不必要な細かい知識をもっていることが重要なのです。

 

帰国大学受験では、一般的にTOEFLとSATの得点が重要です。

 

そして、多くの人は、この両試験は似たようなものだと錯覚しています。

 

もちろん、どちらの試験も英語の試験ですが、この2つの試験は
まったく異質な部分をもっています。

 

TOEFLは日常使用される英語を試験します。

 

このテストは外国人留学生がアメリカの大学に入学する際に、
大学生活を継続するのの充分な英語力をもっているかを試験するテストです。

 

大学の学内だけでなく、私生活でどのような会話が要求されるかを含めた
英語内容になっていますので、日常使用される慣用句のような英語も試されます。

 

SATは、留学生のための英語試験ではなく、アメリカの高校生が
大学に進学する際に必要な英語力試験です。

 

日本とちがって、アメリカの大学では入学後に厳しい授業が待っています。

 

大学の授業科目に対し必要な知識がないと、ドロップアウトトと呼ばれる
クラスからの敗退や留年が待っています。

 

一人の学生にかかる教育費は、通常の授業料の何倍もかかります。

 

したがって、ドロップアウトが起こると大学側は経済的に
非常に厳しい状態に陥ります。

 

ですから、高校生が大学に入学する前に、その高校生が大学で
ドロップアウトしなくても良いだけの知識を保持しているかを
調べることが必要になりました。

 

そして、それを調べるテストがSATなのです。

 

ですから、SATが調べるテスト内容は、大学での学習に必要になる
専門的な語学内容になっています。

 

特に正しく論文が書けることが必要ですから、正しく英語を
使用するための知識を厳しくチェックされます。

 

つまり、TOEFLとSATと、二つの異なるテストを並列して
同様に考えて勉強するのは方針が誤っています。

 

もちろん、両テストに共通する語学力増進の部分もあります。

 

ですから、テスト内容の違いを理解し、有効な学習をすることが
非常に重要なのです。

 

TOEFLやSATのような実用英語の対策には、
一般受験の問題を解くためだけの学習は不適です。

 

自分が英語を使用し、より明確に自分を表現する方法を
身に着けることが必要です。

 

そして、それはTOYOオンラインのライブ授業で効率的に
学習することができます。

 

もちろん、英語に対する理解が深まるとともに、TOEFLやSATの
得点力も上がります。

 

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる
文法力がなければ正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です