読解練習は暗号解読

通信講座にご興味がある方、LA近郊、TorranceにあるTOYOへの通塾にご興味がある方は、こちらから体験受講をお申し込み下さい。

 

こんにちはTOYOの松村です。

 

SATに限らず、英語の読解力を上げるには、それなりの練習が必要です。

 

その際に肝に銘じなければならないのは、本番の試験と
練習は違うということです。

 

特に、練習では制限時間を気にしてはいけないということです。

 

よくSAT対策と称してSATの過去問タイプの問題を
時間内に解くようなことをする所がありますが、
それは有効な対策ではありません。

 

30分なら30分で時間を区切って、そのあとに答え合わせをする
というような練習をするのは、時間を浪費するだけで、具体的な
進歩は得られません。

 

読解力とは、文字通り、文章を読んで理解する力です。

 

文字を目で見て、その情報を脳の中で融合させ、
実体験に即して理解する作業です。

 

読解に実体験が必要であるのは、たとえば、ウサギが走っているという文章で、
ウサギを見たことが無ければ、その情報は具体化できないからです。

 

したがって、高度な読解力を養成するには、今の自分の中には無い情報を
構築していく作業も必要になります。

 

つまり、読解練習は単純に文章を読むだけでなく、文章を読みながら
新しい情報を追加していく作業です。

 

過去問を制限時間内に解くだけでは、いろいろな読解文章に対応する
追加の知識を蓄積できないので、効率的ではないのです。

 

ですから、読解練習に際しては時間をたっぷりと使い、いろいろな角度から
原文を分析するような訓練が必要となります。

 

TOYOオンラインのライブ授業では、英文の問題文を日本語に転換する作業をします。

 

もちろん、中には、普段英語を使っているのだから、英文を英語で
理解すればよいのではないかという質問を受けます。

 

これは、一見もっともなのですが、落とし穴があります。

 

高度な読解力が身についている場合は、そうでもないのですが、
充分な読解力が発達していないと、英語を英語で解釈する場合は
自分の現在の英語力以上の解釈は出来ません。

 

仮にSATの英語テストの得点が500点台だとすると、
それ以上には大きく得点が改善しないのです。

 

飛躍的に英語読解の点数を改善するには、それまで不明だった英文解釈の部分が
明確に理解できるような訓練が必要です。

 

文章中にある難解な部分は、単純に読み飛ばせば著者の真意が汲み取れません。

 

難解な部分ほと、初心者は読み飛ばすことが多いのですが、そういった部分は
一つ一つの単語レベルから考えていく必要があります。

 

それは、暗号の読み解きにも似た作業です。

 

文章の著者は、他人に自分の思いを伝えようとしています。

 

厄介なのは他人の考えほど、自分にとって分かりにくいものは無いということです。

 

そこで、文体や使用単語、変形文などの分析が必要になります。

 

これは、本当に一筋縄ではいかず、暗号解読作業と同様な手間がかかります。

 

もちろん自分の読解力が上がれば瞬時に、そのようなことが把握できますが、
練習段階では、手間暇をかけて学習する必要があります。

 

このような読解技術を練習するのがTOYOオンラインのライブ授業です。

 

読解力は練習次第で飛躍的に改善します。

 

ただ、それには前述の英文を和訳するような手間暇をかけることが必要です。

 

また、基本知識を蓄積させるための時間もかかります。

 

しかし、正しい方針で時間をかければ、確実に読解力は上がっていくことを実感できます。

 

短い滞在期間でも、真剣に自分を見つめれば、高度な英語力をつけることが可能です。

 

短期間で帰国子女として十分な英語力を身につけるためには、
それに適した学習が必要です。

 

そのためには、基本的な単語力、文法力、読解力を系統的に積み上げていく努力が必要です。

 

そして、それに都合のよいのがTOYOオンラインのライブ授業です。

 

ただ、注意するべきは、短期間といっても1週間や2週間ではないことです。

 

通常、個人の語学力を上昇させるには時間がかかります。

 

日本の現代国語の読解力を上げるのには時間がかかるのと同じです。

 

国語の偏差値を10点上げるには半年、1年という期間が必要なのと、まったく同じです。

 

英語の基本学習は、決して難しくありません。

 

ただ、必要なのはコツコツと着実に努力する姿勢です。

 

特に卓越した語学力が無くても、基本の習得さえ継続すれば、
意識しないうちに高度な英語力がつきます。

 

個人の発展過程に応じて学習内容を変化させるTOYOオンラインのライブ授業に参加してください。

 

TOEFLやSATのような実用英語の対策には、
一般受験の問題を解くためだけの学習は不適です。

 

自分が英語を使用し、より明確に自分を表現する方法を身に着けることが必要です。

 

そして、それはTOYOオンラインのライブ授業で
効率的に学習することができます。

 

もちろん、英語に対する理解が深まるとともに、TOEFLや
SATの得点力も上がります。

 

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる
文法力がなければ正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です