帰国子女の英語力は滞在期間と比例しない

通信講座にご興味がある方、LA近郊、TorranceにあるTOYOへの通塾にご興味がある方は、こちらから体験受講をお申し込み下さい。

 

こんにちはTOYOの松村です。

 

一般的に帰国子女は英語ができる人と考えられています。

 

特に滞在が長い長期滞在者は、英語ができるように思われています。

 

しかし、実のところ、帰国子女の滞在期間とその英語力は
必ずしも比例関係にはありません。

 

つまり、滞在期間が短くても、高度な英語力を蓄積することが可能なのです。

 

長期滞在者で、適切な対策をしない場合、時には英語力の蓄積という面で、
誤った方向に行く場合があります。

 

特に滞在が小学校低学年から始まった場合、英語認識が不十分なまま
高学年に至ることがあります。

 

小学校低学年以下の年齢では、英語でも日本語でも単語力が不足しています。

 

そのため、単語力の充分な発達がその学年で停止するか、伸びが遅い場合、
全体的な英語力が低くなる可能性があります。

 

このような場合、同様に文法的な面でも、英語力の発達が停止します。

 

つまり、自分のまわりの言葉に同調しようとするのですが、ただ、
方針のない誤った自分なりの語法になってしまうのです。

 

この結果として、相手の英語の聞き取りが不十分になり、
一種のコミュニケーションの不適合が起こります。

 

もちろん自分の話す言葉も他人にとっては、
分かりづらいものになる傾向があります。

 

このような帰国子女の場合は、滞在期間が長くても、滞在期間が
短い人と同様な対策を施すことが必要です。

 

正しい英語使用は、基本的な単語力や文法力と直結しています。

 

基本からしっかりと、英語力を蓄積する対策を施すことで、滞在が短い人も、
滞在が長いが基本がおろそかになっている人も、同様に確実な英語力を
構築することができます。

 

もちろん、それにより英語を通じての他人との意志疎通が潤滑になります。

 

言語能力は人により異なります。

 

一般的には男性より女性の方が、高い言語能力をもっていると言われています。

 

帰国子女の場合も、何かとおしゃべりなのは女性に多く見られ、
男性の場合は言葉数が少ないのが普通です。

 

ただ、これも見かけの問題で、本当に言語を理解しているかどうかは、
おしゃべりであるかどうかでは、判断ができません。

 

相手の言葉を理解するためには、それ相当の単語力や文法力が必要ですから、
そのような素養なくしては、充分な英語理解は可能にはなりません。

 

帰国子女は英語ができると思われがちですが、実はその英語力は
人により大きく異なります。

 

滞在が短くても高度な英語力を獲得する人もあれば、
滞在が長くても英語力がない人もいます。

 

一般には、正しい対策をすることで確実な英語力を構築することが可能です。

 

それを可能にしているのが、TOYOオンラインのライブ授業です。

 

TOYOオンラインは1990年初頭より帰国子女対策を専門に行っています。

 

すでに20年以上のノウハウの蓄積があるので、帰国受験に関しては不明な部分はありません。

 

SATやTOEFL対策も継続して行っていて、どのようにすれば、効率的に
帰国子女の学力を高められるかを熟知しています。

 

帰国子女が適切な英語力を保持しているかどうかは、TOEFLやSATのような
英語試験の得点で示されます。

 

TOEFLの場合は、どちらかというと日常的な英語使用の試験ですので、
滞在期間が長い人が有利になる傾向があります。

 

ただ、SATは公式な英語運用の試験ですから、滞在期間の長短に関わらず、
英語の基本を理解しているかどうかが、高得点を取るための必要条件となります。

 

SATは正しい文の用法を問うテストです。

 

短期間で効率よく高度な英語力を蓄積させるには、TOEFLやSATを中心にした
基礎力アップクラスで学ぶことが必要です。

 

そして、それを可能にしているのがTOYOオンラインのライブ授業です。

 

また、夏には東京で5日間のSAT対策講座も開催されます。
http://www.yozemikikoku.com/pdf/SAT_2017.pdf 

 

TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる
文法力がなければ正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。
<ONLINE受講者へのお知らせ>
5月6日のSATの締め切りは4月7日です。

来年の受験生は、とりあえずこれからの毎回の分を予約しておきましょう。

特に日本ではSATの予約を取るのが難しくなっています。
今から来年の春の予約を入れておくことをお勧めします。

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOの通信授業は、
世界中どこからでも受講可能です。

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です