接続詞の後ろの主語+BEの省略

通信講座にご興味がある方、LA近郊、TorranceにあるTOYOへの通塾にご興味がある方は、こちらから体験受講をお申し込み下さい。

 

こんにちはTOYOの松村です。

 

When ready, hit any key
とか
While working, he discovered
のような表現をいろいろな箇所で見かけます。

 

日本の受験英文法では、あまり解説は無いのですが、SATのような
実際の英語試験では、頻出する問題です。

 

もちろん、日本の受験英文法でも、どこかにこのような表現法の解説があると思うのですが
あまり重要視されていないというのが本音でしょう。

 

実際の、SATに代表される英語表現の問題に関われば、必ず出くわすのが
上記のような「接続詞の後ろの主語+BEの省略」です。

 

「接続詞の後ろの主語+BEの省略」というのは、日本の受験英文法の
学習項目ではありません。

 

これはTOYOオンラインの英語の学習クラスで使用している私的な名称で、
他にはない独自な名称です。

 

「文頭の動詞を含まない部分」などと同様、その文法の項目を見るだけで、
どのようなものなのかが理解できるような名前をつけています。

 

「接続詞の後ろの主語+BEの省略」は、その名の通り、接続詞の直後にあるべき
主語とBE動詞が省略をされている表現のことです。

 

この表現は、電気製品のマニュアルなどのような、
海外生活の非常に身近な所でみかけられます。

 

そこで、このような表現の例を多く集め、分析した結果から
「接続詞の後ろの主語+BEの省略」という文法事項を作りました。

 

SATはアメリカ人の高校生が、アメリカの大学に進学する際に受ける、
日本のセンター試験のようなものです。

 

SATがセンター試験と異なるのは、単純な選抜のための試験ではなく、大学入学後、
大学で勉強を継続していけるための基礎力を備えているかを判別する点です。

 

そのため問題構成では、日本で難問と呼ばれるような特例的な問題は出題されません。

 

つまり、SATの問題は、ぼう大な基礎の集積ともいうべきものです。

 

「接続詞の後ろの主語+BEの省略」などは、実際の英語使用の中で
頻繁に見られる省略の一種です。

 

このような文の変形は随意に起こるわけではなく、一定のルールに従います。

 

そのルールこそが文法というべきものです。

 

つまり、SAT対策の中で学習する実際の英語使用に関する文法は、
日本の一般受験の英文法とは性格がまったく異なるのです。

 

SAT対策の中で学ぶ文法は、SAT試験の性質上、
大学入学後にその本領を発揮します。

 

大学で論文を書いたり、社会に出てから公式な文書に触れるとき、
基本となるのがSAT対策で学ぶ文法です。

 

日本の受験文法は大学に入学すると、それ以後は不必要となります。

 

その点、SATの英語は一生の財産になると言っても良い位で、
帰国受験の結果にこだわらず、現地校卒業前の数年をSATの
勉強に費やすことは決して無駄にはならないのです。

 

実際の英語使用では、文の変形がしばしば見られます。

 

特に、その文の著者が強調したい部分でこそ、変形が頻発します。

 

つまり、長文読解などで、文意が凝縮している所ほど、文の変形が起こります。

 

このような部分は、当然、SATなどの問題制作者が着目する所ですから、
設問として必ず出題されます。

 

つまり、SAT対策として、得点力を上げるという点でも、
このような変形部分を発見し解釈する基本の力をつけていく
必要があります。

 

SATの対策で学習する文法は、実際に使用するための文法です。

 

短期間で効率よく高度な英語力を蓄積させるには、TOEFLやSATを中心にした
基礎力アップクラスで学ぶことが必要です。

 

そして、それを可能にしているのがTOYOオンラインのライブ授業です。
TOYOオンラインのライブ授業は2時間です。

 

その中で、単語、読解、文法などを学習します。

 

単に読解といっても単語力がなければ満足な読解はできません。

 

同様に、よじれた読解文を解きほぐすことができる
文法力がなければ正確な理解はできません。

 

それゆえに、TOYOオンラインのライブ授業では、受講者のレベルに応じ、
適切な教材選択と指導で、徐々に受講生の読解力を向上させていくことが
出来る様になっています。

 

TOYOオンラインのライブ授業は、毎週の授業に無料体験参加が可能ですから、
ご希望の方は こちらからお申込みください。

 

<ONLINE受講者へのお知らせ>
アメリカでは3月11日にもSATが受験可能です。LATE締め切りは2月28日です。

アメリカ以外では次のSATは5月6日までありません。

締め切りは4月7日です。

来年の受験生は、とりあえずこれからの毎回の分を予約しておきましょう。
特に日本ではSATの予約を取るのが難しくなっています。
今から来年の春の予約を入れておくことをお勧めします。

 

1993年より毎年難関大学に帰国受験生を送り込んでいるTOYOの通信授業は、
世界中どこからでも受講可能です。

 

初心者からアドバンスの人まで、実力アップに必要な科目が選択可能です。

 

無料体験授業もありますが、不必要な押し付けセールスのようなものは一切ありません。

 

もちろん、受講停止も連絡するだけですぐにできますから、安心してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です